グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 教育学部  > 初等教育課程  > 木村 光男

木村 光男

職名講師/副教職支援センター長
所属常葉大学 教育学部 初等教育課程
研究分野生活科・「総合的な学習の時間」の教育法、経験主義の教育、問題解決学習、
幼児教育、児童中心の教育、学校心理学

学歴

横浜国立大学大学院 教育学研究科 修士課程
早稲田大学大学院 教育学研究科 博士後期課程 

教育歴(職歴)

1985年1月~1986年3月 横浜市立本郷養護学校
1986年4月~1988年3月 私立聖坂養護学校 教諭
1988年4月~1992年3月 横浜市南部地域療育センター
1992年3月~1995年3月 横浜市立上菅田養護学校 教諭
1995年4月~2005年3月 横浜市立丸山台小学校 教諭
2005年4月~2008年3月 横須賀市立望洋小学校 教諭・総括教諭
2008年4月~2011年3月 横浜国立大学附属鎌倉小学校 教諭
2009年4月~2010年3月 横浜国立大学教育人間科学部 非常勤講師
2011年4月~2012年3月 横須賀市立田戸小学校 総括教諭
2012年4月~2014年3月 奈良女子大学附属小学校 教諭 
2013年4月~2014年3月 奈良女子大学文学部 非常勤講師
2014年4月~2016年3月 福岡女学院大学 講師
2016年4月~現在     常葉大学教育学部初等教育課程 講師

担当経験のある科目

  • 教育学(常葉大学)
  • 生活Ⅰ(常葉大学)
  • 生活科教育法(奈良女子大学/常葉大学/福岡女学院大学)
  • 小学校生活科(福岡女学院大学)
  • 生活科概説(横浜国立大学)
  • 環境指導法Ⅰ・Ⅱ(常葉大学)
  • 教育課程論(常葉大学)
  • 授業実践演習(常葉大学
  • 教職実践演習(常葉大学)
  • 教材開発演習(常葉大学)
  • 特別研究(常葉大学)
  • 保育内容環境(福岡女学院大学)
  • 幼稚園教育実習(福岡女学院大学)
  • 小学校教育実習(福岡女学院大学)
  • 生活基礎技能(福岡女学院大学)
  • 卒業研究(福岡女学院大学)
  • 子ども学観察演習(福岡女学院大学)
  • 子ども学フィールドワーク(福岡女学院大学)
  • フィールドワークB〚授業研究〛(福岡女学院大学)

資格・免許

  • 学校心理士
  • ガイダンスカウンセラー
  • 小学校教諭専修免許状
  • 中学校教諭専修免許状(社会)
  • 高等学校教諭専修免許状(地歴)(公民)
  • 養護学校一種免許状

論文

  • 「AD/HDを巡る特別支援教育コーディネーターの役割に関する研究」/2005年3月/『横浜国立大学教育人間科学部紀要Ⅰ(教育科学)』pp275〜285.
  • 「生活科栽培活動における気付きの生成と展開-思考を経た気付きに視点をあて-」《査読付き》/2008年3月/『せいかつ&そうごう』第15号 pp76~83.日本生活科・総合的な学習教育学会
  • 「生活科栽培活動における協同的探究-問題状況の解決に視点をあてて-」  《査読付き》/2011年3月/『せいかつ&そうごう』せいかつ&そうごう第18号pp72~P79.日本生活科・総合的な学習教育学会
  • 「問題解決における知性的な思考の展開-廃校を活用した体験活動でのT児の分析を通して-」《査読付き》/2012年3月/『せいかつ&そうごう』第19号pp80~67.日本生活科・総合的な学習教育学会
  • 「三学年の子どもが主体性を発揮する幼小連携-「なかよしひろば」-の実践から」/共同執筆:木村光男、阪本一英、松永 由美/『奈良女子大学教育システム研究開発センター紀要』/2014年10月/「教育システム№10」、pp65~73.
  • 「生活科における問題解決の学習過程で児童は何を学んでいるのか-1年生「わたしのアサガオ」において-」/2015年3月/『福岡女学院大学人間関係学部紀要』 第16号、pp.73~78
  • 「保育における環境構成と経験について‐子どもはどのような意味を得るのか‐」/2015年3月/『福岡女学院大学人間関係学部紀要』 第16号.pp99~103.
  • 「生活科学習に生かす協働的な見取り-子ども理解の協議を通して-」《査読付き》共同執筆:木村光男、岡村健太、吉村知容/2017年3月/『せいかつ&そうごう』第24号.pp64~73.日本生活科・総合的な学習教育学会
  • 「生活科において直接体験を基盤に学ぶ意義-人・自然・社会との関わりを通して-」/2017年3月/『常葉大学教育学部研究紀要』第37号pp.-.
  • 「総合的な学習の時間におけるカリキュラム編成と教師の役割」/2017年3月/『常葉初等教育研究』第2号pp.55—63.常葉大学教育学部初等教育糧

書籍等出版物

  • 「個別的な配慮を大切にした校内支援体制作りの取り組み」PP45-51『プロジェクト研究報告書 通常学級において留意して指導することになっている児童生徒に対する指導及び支援体制の充実・整備等に関する研究』/2002年3月/国立特殊教育総合研所
  • 「AD/HDを巡る学級担任と保護者の架け橋-学校からの連絡事項に着目して-」『日本行動教育・実践研究』第26号/日本行動教育研究会pp9-12./日本行動教育研究会
  • 「野菜の栽培を通して問題解決力を育む生活科-プロとの出会いが及ぼす効果について-」/2007年10月/初等理科教育vo41.No11/pp62~65./農文協
  • 「学級集団を生かす・学年組織を生かす」/『特別支援教育月めくりカレンダー』/2008年3月/pp74〜81. /金子書房
  • 「幼児教育の経験を活かした生活科遊び単元-かかわり合いに視点をあてて-」/2008年4月『TEADA №.2』pp17~19.学校図書
  • 「家族とともに」/2008年10月/『小学校新学習指導要領の展開 生活科編』/明治図書/pp137~143.
  • 「幼小の架け橋となる生活科遊び単元-幼児教育の経験を活かした授業実践」/2009年4月/『学校教育』№113/pp60~65.広島大学附属小学校学校教育研究会
  • 「探究とかかわりを通した生活科学びの検討」/2009年1月/『学校教育』№1098 pp60~65.広島大学附属小学校学校教育研究会
  • 「気付きを可視化して協同的探究を深める授業-2年生栽培活動・畑見学において-」/『使える授業ベーシック』No8.p34/2010年7月/学事出版
  • 「ドングリころがしで楽しませよう!-」/2010年3月『理数脳を作る授業』第3号P34 /明治図書
  • 「あさがおさんが残してくれた種子を数えよう-」/2011年3月『理数脳を作る授業』第4号P38 /明治図書
  • 『みんなとまなぶ しょうがっこう せいかつ 』/2011年~2014年度版文部科学省検定済生活科教科書/共同執筆/学校図書/
  • 「協同的な関係性を築く生活科探究活動」/2011年3月/『生活科の探究』No.86 pp10~13.日本生活科教育研究会
  • 「自分の願いを実現させるしごと学習‐一年生わたしのアサガオにおいて」/2012年2月/『学習研究』№461 pp10~15.奈良女子大学附属小学校学習研究会
  • 「問題解決学習における思考の深化―学習者同士の関係性に着目してー」/2012年4月/『学習研究』№462 pp16~21.奈良女子大学附属小学校学習研究会
  • 「合科学習誕生の背景」/2013年4月/『学習研究』№463 pp58~61.奈良女子大学附属小学校学習研究会
  • 「探究における問いの生成と発展」/2013年10月/『学習研究』№465 pp10~15/奈良女子大学附属小学校学習研究会
  • 「自分事で築く関係性‐一年生国語くじらぐもから-」/2013年12月/『学習研究』№466 pp36~41.奈良女子大学附属小学校学習研究会
  • 「幼小連携を通して子どもの主体性を育む」/2014年2月/『学習研究』№467 pp59~61.奈良女子大学附属小学校学習研究会
  • 「学び合いの成立要件-仕事学習において-」/2014年4月/『学習研究』№468 pp10~15.奈良女子大学附属小学校学習研究会
  • 「探究を生かす学び合いとは-しごと学習において-」/2014年6月/『学習研究』№469 pp10~15.奈良女子大学附属小学校学習研究会
  • 『みんなとまなぶ しょうがっこう せいかつ 』2015年~現行版文部科学省検定済生活科教科書/共同執筆/学校図書/
  • 「気づきを高める観点からの生活科の授業改善」/『新しい教科書と授業改善』/pp134~137.財団法人学校教育研究所

講演・口頭発表・社会活動等

  • 横浜市教育委員会教育課程研究委員会・専門部会委員/1997年4月~2000年3月
  • 国立特殊教育総合研究所研究協力員/2000年4月~2002年3月
  • 平成14年度国立特殊教育総合研究所『特殊教育セミナーⅡ』研究成果発表「個別的な配慮と対応を大切にした校内体制の取り組み」/2003年2月/横浜国立大学教育文化ホール
  • 平成14年度国立特殊教育総合研究所『特殊教育セミナーⅡ』パネルデスカッション「教師が少し意識を変えることで生まれた子供への組織的な配慮と対応」/2003年2月/横浜国立大学教育文化ホール
  • 横浜国立大学大学院教育相談支援センター研究員/2005年4月~2008年3月
  • 「個別的な配慮を大切にした校内支援体制作りの取り組み」日本特殊教育学会第40回大会/自主シンポジウム「特殊学級における諸課題-人との交わりを豊かにする工夫や課題を巡ってⅡ-」(共同発表)/2002年9月/上越教育大学
  • 徳島県平成15年度障害児教育研修会講師/2003年7月/徳島市
  • 「教師の意識を変えることで生まれた校内支援体制の取り組み」SNE学会第9回研究大会 自由研究発表/2003年10月/鳥取大学
  • 神奈川県逗子市夏季教員研修講師/2005年7月/逗子市教育委員会
  • 「AD/HD児を巡る学級担任と保護者の連携-特別支援教育コーディネーターの役割に注目して-」日本特殊教育学会第43回大会/自主シンポジウム16「子どもを支える特別支援教育への挑戦一連携の壁の向こう一」(共同発表)2005年9月/金沢大学
  • 日本行動教育研究会シンポジウムADHDを巡る学級担任と保護者の架け橋-学校からの連絡事項に着目して-」/2006年2月/横浜市
  • 横浜国立大学・東京大学合同カンファレンス/共同発表「クラスメートからのいじめによって不登校になったTさんへの支援」/2006年12月/横浜国立大学
  • 筑波大学附属小学校学習公開・初等教育研修会/実践発表/「思考を磨き合う生活科の学習」/2008年2月
  • 青森県南地区小学校研究会生活科部 研修講師/2009年9月
  • 「気付きの質を高める生活科単元構想」/共同発表/2010年6月/日本生活科・総合的学習教育学会第19回全国大会研究発表(京都)学会指定課題研究発表
  • 東京都葛飾区小学校研究会生活科部/研修講師/2010年10月
  • 青森県南地区小学校研究会生活科部/研修講師/2011年1月
  • 神奈川県横須賀市小中の学びをつなぐ委員(教育課程編成)/幼小連携カリキュラム作成担当/20011年4月~2012年3月
  • 早稲田大学現代幼児教育研究所実践発表会「廃校を活用した体験学習」/2011年7月
  • 横浜市立浜小学校児童理解・生活科研修講師/2011年度~2012年度
  • 奈良女子大学教育実践センタ―研究員/2013年度
  • 問題解決セミナーin waseda発表/「わたしのみんなのしごと」/2014年12月/早稲田大学
  • 「子ども理解を基盤にした問題解決学習の在り方/共同/2015年6月 /日本生活科・総合的学習教育学会第24回全国大会研究発表(福岡)自由研究発表
  • 大和郡山市立筒井小学校生活科研修講師/2015年度~

学外活動・学外職

  • 横浜市教育委員会教育課程研究委員会・専門部会委員/1997年4月~2000年3月
  • 国立特殊教育総合研究所研究協力員/2000年4月~2002年3月
  • 平成14年度国立特殊教育総合研究所『特殊教育セミナーⅡ』研究成果発表「個別的な配慮と対応を大切にした校内体制の取り組み」/2003年2月/横浜国立大学教育文化ホール
  • 平成14年度国立特殊教育総合研究所『特殊教育セミナーⅡ』パネルデスカッション「教師が意識を変えることで生まれた子供への組織的な配慮と対応」/2003年2月/横浜国立大学教育文化ホール
  • 横浜国立大学大学院教育相談支援センター研究員/2005年4月~2008年3月
  • 「個別的な配慮を大切にした校内支援体制作りの取り組み」日本特殊教育学会第40回大会/自主シンポジウム「特殊学級における諸課題-人との交わりを豊かにする工夫や課題を巡ってⅡ-」(共同発表)/2002年9月/上越教育大学
  • 徳島県平成15年度障害児教育研修会講師/2003年7月/徳島市
  • 「教師の意識を変えることで生まれた校内支援体制の取り組み」SNE学会第9回研究大会 自由研究 発表/2003年10月/鳥取大学
  • 神奈川県逗子市夏季教員研修会 講師/2005年7月/逗子市教育委員会
  • 「AD/HD児を巡る学級担任と保護者の連携-特別支援教育コーディネーターの役割に注目して-」日本特殊教育学会第43回大会/自主シンポジウム「子どもを支える特別支援教育への挑戦一連携の壁の向こう一」(共同発表)2005年9月/金沢大学
  • 日本行動教育研究会シンポジウム発表「ADHDを巡る学級担任と保護者の架け橋-学校からの連絡事項に着目して-」/2006年2月/横浜市
  • 横浜国立大学・東京大学合同カンファレンス(共同発表)「クラスメートからのいじめによって不登校になったTさんへの支援」/2006年12月/横浜国立大学
  • 筑波大学附属小学校学習公開・初等教育研修会/実践発表「思考を磨き合う生活科の学習」/2008年2月
  • 青森県南地区小学校研究会生活科部研修会講師/2009年9月
  • 「気付きの質を高める生活科単元構想」/共同発表/2010年6月/日本生活科・総合的学習教育学会第19回全国大会研究発表(京都)学会指定課題研究発表
  • 東京都葛飾区小学校研究会生活科部研修会講師/2010年10月
  • 青森県南地区小学校研究会生活科部研修会講師/2011年1月
  • 神奈川県横須賀市小中の学びをつなぐ委員(教育課程編成)/幼小連携カリキュラム作成担当/20011年4月~2012年3月
  • 早稲田大学現代幼児教育研究所実践発表会「廃校を活用した体験学習」/2011年7月
  • 横浜市立浜小学校児童理解・生活科研修会 講師/2011年度~2012年度
  • 奈良女子大学教育実践センタ―研究員/2013年度
  • 問題解決セミナーin waseda発表/「わたしのみんなのしごと」/2014年12月/早稲田大学
  • 「子ども理解を基盤にした問題解決学習の在り方/共同/2015年6月 /日本生活科・総合的学習教育学会第24回全国大会研究発表(福岡)自由研究発表
  • 大和郡山市立筒井小学校研修講師/2015年度~2017年度
  • 常葉学園幼小研修会講師・講演/2016年6月
  • 藤枝市小学校生活科研修会講師/2016年10月
  • 静岡県幼小接続モデルカリキュラム検討委員会委員/2017年度
  • 静岡市立西奈小学校研修講師/2017年度

受賞・表彰

日本生活科・総合的な学習教育学会 第6回 研究奨励賞 受賞

所属学会

  • 日本生活科・総合的な学習教育学会
  • 日本デューイ学会
  • 日本学校心理士会

メッセージ

子ども中心の教育とデューイが主張した経験の概念をキーワードに、問題解決学習の原理を明らかにし、その研究成果を小学校の教育実践に援用できることを目指しています。