グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


稲葉 光彦

職名特任教授/副学長
所属常葉大学 経営学部経営学科
学位法学博士
研究分野  社会保障、社会福祉、地域福祉、政治学、法制史

経歴

  1. 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
  2. 慶應義塾大学大学院 法学研究科博士課程単位取得
    満期退学 法学博士(慶應義塾大学)
  3. 富士常葉大学教授(2000年~)

担当科目・ゼミ

  • 「政治学Ⅰ・Ⅱ」
    政治学の定義と位置付けをし、政治学の現状と将来の展望に関して、政治分析を行っていく。
  • 「政治学概論」(保育学部)
    政治学の基礎的な知識を習得していただき、今後どのような政治が望ましいかを模索していく。
  • 「法学Ⅰ・Ⅱ」
    私たちの生活を規律する重要なルールである憲法、民法、刑法という具体的な法規範の概要を学びながら、法学のエッセンスを修得することを目標とする。
  • 「法学」(保育学部 日本国憲法を含む)
    法とはいかなるものかを理解させるため、法の目的、法のしくみ、法の解釈など、法全体に通ずる原理・原則を具体的な事例によって講義していく。
  • 「社会福祉」
    社会福祉の仕組みが大きく変化してきており、これからの社会福祉のあり方について様々な角度からアプローチしたい。
  • 「社会保障論」
    わが国は、急速な少子・高齢化の進行により、社会保障に関する国民の意識の変化、長引く経済の低迷などにより、社会保障を取り巻く環境は大きく変化しており、こうした中で安心して生活できる社会について模索していく。
  • 「福祉行政論」
    福祉行政は、社会・経済状況の変化に伴って、大きな転換期を迎えており、現状と問題点を分析し、これからのあり方について考察していきたい。
  • 「教養セミナーⅠ・Ⅱ」
  • 「卒業研究」
  • 「日本事情Ⅱ」
    日本人の生活文化を紹介し、日本人は生活文化をどのように変化させたか、現在どうなっているかを考え、日本文化のもつ特殊化について具体的に考察していく。

論文

  • 「江戸時代における高齢者対策について」 常葉学園富士短期大学研究紀要第2号 平成4年3月
  • 「高齢者福祉の歴史的展開について」 慶応義塾大学法学研究会「法学研究」第69巻第1号 平成8年1月
  • 「わが国の社会福祉の歩みと障害者自立支援法の一考察」 富士常葉大学紀要第7号 平成19年3月
  • 「財政健全化法下の自治体の実態についての一考察」 富士常葉大学紀要第10号 平成22年3月
  • 「社会的に孤立化する高齢者の対策についての一考察」 富士常葉大学紀要第11号 平成23年3月
  • 「児童虐待の防止等に関する法律についての一考察-親権について-」富士常葉大学紀要第13号 平成25年3月
  • 「地域包括ケアシステムの構築に関する一考察」順天堂保健看護研究第2巻1号 平成25年4月

著書

  • 「政治学概論」(共著)(北樹出版社)
  • 「日本社会福祉制度概説」(慶應義塾大学出版会)
  • 「窮民救助制度の研究」(慶應義塾大学出版会)
  • 「社会福祉を学ぶ」(共著)(みらい)
  • 「社会福祉」(共著)(一藝社)
  • 「実践事例に基づく障害児保育」(共著)(保育出版社)

学外講座

  • 「日本の社会保障について」 
  • 「日本の少子・高齢化問題について」 
  • 「日本の社会福祉について」 
  • 「日本の社会福祉制度について」 
  • 「福祉のまちづくりについて」 
  • 「地域包括ケアシステムについて」
  • 「地域福祉について」

学外活動・学外職

  • 静岡高年齢者雇用推進委員
  • (財)都市農山漁村交流活性化機構理事

所属学会

  • 日本法制学会
  • 日本社会福祉学会
  • 慶應義塾大学法学会
  • 日本社会保障法学会
  • 保育学会