グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


谷 誠司

職名准教授
所属常葉大学 外国語学部
グローバルコミュニケーション学科
学位Master of Science / 文学博士
研究分野   日本語教育 / 外国語教育

委員歴

2001年~2005年 韓国日本学会 編集理事
2003年~2005年 韓国日語教育学会 研究理事
2004年~2007年 同日語文学会 監事
2010年4月~2012年3月 日本言語テスト学会 会計監査委員
2012年4月~現在 日本言語テスト学会 研究会運営委員

論文

  • Advantages and disadvantages in team teaching between a Japanese native speaker and a Korean teaching assistant in the elementary level Japanese class. TANI Seiji The Bulletin of Kyugpuk college (17) 10-21 1998年
  • A pilot study:Effectiveness of contextual inferring to long-term memory in adult lower intermediate learners of Japanese TANI Seiji 全国語学教育学会(JALT) 山口支部研究紀要 (5) 51-60 1999年
  • 韓国人初級日本語学習者における語彙学習ストラテジー の研究 谷 誠司 慶北專門大学 研究紀要 (18) 23-32 1999年
  • Action research of effectiveness of learners centered lesson to less motivated learners. TANI Seiji The Bulletin of Kyugpuk college (19) 1-12 2000年 
  • 日本語能力試験の分析―問題タスクを中心に 谷 誠司 日本学報(韓国日本学会) (50) 479-488 2001年
  • 第7次学習指導要領高校日本語Ⅰ教科書における『学習達成度を測定する問題』の分析 谷 誠司 日本学報(韓国日本学会) (53) 53-61 2002年
  • 実践報告:ビデオ多視聴プログラム 谷 誠司 日本語教育論集(全国語学教育学会 日本語教育研究会) (6) 79-88 2002年
  • Common and Different Expectations of Native and Non-native Foreign Language Teachers: A Case Study with Korean College Students of Japanese as a Foreign Language. TANI Seiji 日本語教育論集(全国語学教育学会 日本語教育研究会) (7) 83-94 2003年
  • 単語テストの種類:英語教育における先行研究から 谷 誠司 同日語文研究(同日語文学会) (17・18) 21-30 2003年
  • 日本語能力試験聴解はどのくらい現実の日本語使用を反映しているか 谷 誠司 『研究紀要』(日本言語テスト学会) (6) 40-55 2004年
  • JPTはどんな日本語能力を測定しているのか 谷 誠司 同日語文研究(同日語文学会) (19) 1-18 2004年
  • 日本語熟達度テストをどのように分析してきたか:日本語熟達度テスト分析に関する先行研究の整理 谷 誠司 同日語文研究(同日語文学会) (20) 67-78 2005年
  • 測定対象の定義(構成概念の定義)から日本語能力試験の問題点を考える 谷 誠司 同日語文研究(同日語文学会) (21) 45-62 2006年
  • CEFR尺度を土台にした日本語読解テストの開発の実際 谷 誠司 同日語文研究(同日語文学会) (22) 17-42 2007年
  • 外国語教育における文化の扱われ方 谷誠司 常葉学園大学外国語学部紀要 25 215-222 2009年
  • 韓国における蝶のイメージ 谷誠司 常葉学園大学教育学部紀要 30 55-66 2010年
  • 静岡市内の言語景観調査―デパートを中心に 谷誠司 常葉学園大学外国語学部紀要 26 183-191 2010年
  • JLT(Japanese Level Test) Can-do-statements開発のための予備調査 谷 誠司 常葉学園大学外国語学部研究紀要 (27) 177-192 2011年3月
  • 要約文の傾向:常葉学園大学の学生を対象に 谷 誠司 常葉学園大学教育学部研究紀要 (31) 245-260 2011年3月
  • 韓国人日本語学習者用漢字テスト開発のための語彙テストに関する基礎的研究 谷 誠司 常葉学園大学外国語学部研究紀要 (28) 253-272 2012年3月
  • 韓国人日本語学習者のための漢字テスト開発に関する基礎的研究 谷 誠司 常葉学園大学教育学部研究紀要 (32) 123-136 2012年3月
  • 韓国人日本語学習者を対象にしたCandostatements調査の分析 ― 項目応答理論を利用して ― 谷 誠司 同日語文研究(同日語文学会) (27) 357-370 2012年6月

研究業績(論文・解説)

  • アクションリサーチのススメ アクションリサーチ実践報告 『学習意欲の低い学習者に対する学習者中心の授業の効果 谷誠司 月刊日本語 3月号 58-61 2000年
  • 『国際交流基金日本語教育スタンダード』と日本語能力試験の改定―2『スタンダード』と能力試験改定に期待すること 谷誠司 月刊日本語 5月号 46 2008年

書籍等出版物

  • 日本語教育入門 釜山外国語大学校出版部 2005年
  • 現代日本語教育の理解 J&C 2008年

講演・口頭発表等

  • 日本語能力試験の分析 韓国日本学会 第63回学術大会 2001年
  • 日本語能力試験の分析―バックマンの枠組みを用いて 韓国日本学会 第64回学術大会 2002年
  • 単語テストの種類:英語教育における先行研究から 同日語文学会 第17回学術大会 2002年
  • 第7次学習指導要領高校日本語Ⅰ教科書における『学習達成度を測定する問題』の分析 韓国日本学会 第65回学術大会 2002年
  • 第7次日本語教科書の評価 韓国日本学会傘下 日語教育学会 第5回国際シンポジウム及び学術大会 2003年
  • 一般的日本語能力テスト開発ためのテストタスク作成枠組みの提案 同日語文学会 第18回 学術大会 2003年
  • 日本語熟達度テストをどのように分析してきたか:日本語熟達度テスト分析に関する先行研究の整理 同日語文学会 第19回 学術大会 2004年
  • CEFを利用した日本語熟達度試験の開発の提案 同日語文学会 2005年学術大会 2005年
  • CEFR能力尺度に基づいた日本語読解テストの開発 韓国日本学会傘下 日語教育学会 第9回国際シンポジウム及び学術大会 2007年
  • CEFR尺度に基づいた日本語読解テスト開発の試み 谷 誠司 第4回LET関西支部メソドロジー研究部会、第10回言語テスティング・第二言語習得合同勉強会 2011年2月

担当経験のある科目

  • 協働研究セミナーBASIC (常葉学園大学)
  • 韓国文化入門 (常葉学園大学)
  • 韓国語会話入門 (常葉学園大学)
  • 社会言語学 (常葉学園大学)
  • 対照誤用分析ー日英 (常葉学園大学)
  • 対照誤用分析ー日韓 (常葉学園大学)
  • コースデザイン・評価 (常葉学園大学)
  • 日本語文章表現 (常葉学園大学)
  • プレゼンテーション (常葉学園大学)
  • 日本語教授法 (常葉学園大学)
  • 日本語教材研究 (常葉学園大学)
  • 日本語の文字・表記 (常葉学園大学)
  • 日本語の意味・語彙 (常葉学園大学)
  • 海外実習 (常葉学園大学)
  • オープンユニバーシティ(公開講座) (常葉学園大学)

所属学協会

韓国日本学会、韓国日語教育学会、同日語文学会、韓国外国語教育学会、韓国英語評価学会
日本語教育学会、日本言語テスト学会

競争的資金等の研究課題

  • 韓国人日本語学習者のための読解能力尺度開発に関する基礎的研究 学術研究助成基金助成金(基盤研究(C))研究期間: 2011年4月 - 2014年3月 代表者: 谷 誠司