グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


江口 佳子

職名講師
所属常葉大学 外国語学部
グローバルコミュニケーション学科
研究分野ブラジル文学

学歴

2005年4月~2007年3月 東京外国語大学大学院修士課程 言語文化 ヨーロッパ第二専攻 
2007年4月~2011年3月 東京外国語大学大学院博士課程満期退学 地域文化研究科 地域文化専攻

教育歴(職歴)

2011年10月~2013年3月 東京外国語大学非常勤講師
2014年10月~2015年3月      〃
2015年~ 常葉大学専任講師
2017年4月~9月 上智大学外国語学部非常勤講師 

担当科目

(常葉大学)
  • ブラジル語
  • ブラジル文化入門
  • ブラジル研究
  • 対照誤用分析(日本語・ブラジル語)
  • 協働研究セミナー

(東京外国語大学)
  • ポルトガル語
  • ポルトガル語購読
(上智大学)
  • ブラジル現代文学特講

論文

  • 「ジョゼ・J・ヴェイガの小説における幻想性-権威主義体制に対する諷刺」
    日本ポルトガル・ブラジル学会 Anais 第38号(2007年‐2008年3月)、 pp.115-135
  • 「語りの視点と語り手の機能について-ジョゼ・J・ヴェイガ『反芻動物の時』の考察-」
    東京外国語大学大学院博士後期課程論叢 言語・地域文化研究第15号(2009年3月) 、pp.149-161
  • 「「橋渡し」のための専門性―暗黙知の蓄積と実践」
    東京外国語大学多言語・多文化教育研究センター シリーズ多言語・多文化協働実践研究 No.16(2013年3月) 、p.63 -67
  • 「リジア・ファグンデス・テーレス『女の子たち』の考察―女性の置かれている状況」
    日本ポルトガル・ブラジル学会 Anais 第43号(2013年3月)、pp.1-22
  • 「リジア・ファグンデス・テーレス『女の子たち』における他者の言葉」
    日本ポルトガル・ブラジル学会 Anais 第44号(2014年3月)、pp.17-33
  • 「リジア・ファグンジス・テーリスの作品における女性像の変化―「家」と「旅」をめぐって」
    上智大学イベロアメリカ研究所 Encontros Lusófonos 第18号 (2016年12月)、pp.28-39
  • 「多文化共生に向けた大学におけるブラジル・ポルトガル語教育について」
    (共著 ホリウチ アリッセ イズミ)常葉大学教育学部紀要 第37号(2017年3月)、pp.329-345

解説記事

  • リジア・ファグンジス・テーリス「サクソフォン吹きの青年」(翻訳・解説)早稲田文学2016年春号(2016年2月)、pp.212-218
  • イルダ・イルスト著、四方田犬彦訳『猥褻なD夫人』(書評)「女性像を既成概念から解放しようとしたイルダ・イルスト-聖と俗と卑の混在が生と死をかけめぐる」図書新聞3300号(2017年4月)p.5

口頭発表

(学会発表)
  • 「ジョゼ・J・ヴェイガの作品における語り手について-『反芻動物の時』を考察して-」(日本ポルトガル・ブラジル学会、2008年10月)
  • 「ルーベン・フォンセカの作品における周縁者の表象」( 〃 、2010年10月)
  • 「リジア・ファグンデス・テーレス『女の子たち』における語り手の交替」( 〃 、2011年10月)
  • 「リジア・ファグンデス・テーレス『女の子たち』における他者の言葉―境界線の流動化」 ( 〃 、2013年10月)
  • 「リジア・ファグンデス・テーレス『女の子たち』の考察―不可視化される女性の状況」( 〃 、2014年10月)
  • 「リジア・ファグンデス・テーレスの作品における女性像の変化」(  〃 、2015年10月)
  • 「クラリッセ・リスペクトールの1970年代前半の作品における能動的な女性像の考察」(  〃 、2016年10月)


(研究発表)
  • 「ジルベルト・ジルとトロピカリズモ」(シンポジウム「ブラジルのリズム」、ブラジル大使館、 2014年7月)

所属学会

日本ポルトガル・ブラジル学会

メッセージ

研究課題は、フェミニズム運動と社会運動が広がりを見せたブラジルの軍事政権期(1964年~1985年)において、女性の置かれた状況を、文学作品を通して明かにすることです。とりわけ、ブラジル社会における女性の問題を扱ってきたリジア・ファグンデス・テーレスという作家の作品を中心に取り組み、歴史・政治・社会・文化的なコンテクストから考察しています。

競争的資金等の研究課題

  • 科学研究費 基盤研究(C) ブラジルにおける喜劇性―ユーモア・笑い・遊戯性―(2013年度-2014年度)(代表 東京外国語大学 武田千香教授)
  • (公益財団法人)東海ジェンダー研究所 第20回個人研究助成(2016年度)