グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 外国語学部  > 英米語学科  > 戸田 勉

戸田 勉

職名教授/国際言語文化研究科長
所属常葉大学 外国語学部 英米語学科
学位文学修士(明治学院大学)
研究分野 英米・英語圏文学、
ヨーロッパ文学(英文学を除く)

経歴

2013年4月 - 現在 常葉大学 外国語学部 教授
2002年4月 - 2013年3月 山梨英和大学 人間文化学部 教授
1995年4月 - 2002年3月 山梨英和短期大学 英文学科 教授

学歴

1981年4月 - 1984年3月 明治学院大学 文学研究科英文学専攻(博士後期課程)

委員歴

2014年6月 - 現在 日本ジェイムズ・ジョイス協会 事務局長
2008年6月 - 現在 日本ジェイムズ・ジョイス協会 常任委員

研究業績(論文・解説)

  • ロディ・ドイルの『ドアにぶつかった女』を読む――現代アイルランドの閉ざされたドア/常葉大学外国語学部紀要 (31) 47-59 2015年3月
  • パーネルの亡霊―ジョイスとイェイツの場合/山梨英和大学紀要 (9) 69-83 2011年2月
  • 二十一世紀アイルランド社会―第三世界からヨーロッパの輝ける星へ/山梨英和大学紀要 (7) 27-37 2009年10月
  • 「ハデス」挿話における馬車の座席/(17) 46-51 2006年6月
  • エグザイルの系譜ーStephen Dedalusの孫たちー/英語青年 (2006年6月) 11-13 2006年1月
  • 「蔦の日の委員会室」における大英帝国の影/山梨英和大学紀要 (3) 119-130 2004年12月
  • 「ヘリオトロープ」とは何か/Joycean Japan (14) 72-81 2003年6月
  • ユダヤ人としてのレオポルド・ブルーム(2)/山梨英和大学紀要 (1) 29-40 2003年6月
  • ユダヤ人としてのレオポルド・ブルーム(1)/山梨英和短期大学紀要 (36) 17-32 2001年3月
  • 「キュクロプス」挿話における「アイデンティティ」の危機/Joycean Japan (11) 48-60 2000年6月
  • 「イタケ」創作過 程の検証(pp.627-30)/Joycean Japan (9) 44-61 1998年6月
  • 「ウィリンダン 博物室」の構造/山梨英和短期大学紀要 (31) 44-52 1997年12月
  • 「アナ・リヴィ ア」のエンディングの推敲(215.12-216.5)/Joycean Japan (7) 70-89 1996年6月
  • 鏡の中のスティ ーヴン・ディーダラス--『ユリシーズ』第10挿話論/山梨英和短期大学紀要 (29) 67-76 1995年12月
  • ブルームの胃の ねじれ--『ユリシーズ』第8挿話論/山梨英和短期大学紀要 (28) 67-76 1994年12月
  • <小説>として の『フィネガンズ・ウェイク』--初期批評の一側面/英語青年 (11月) 380-381 1994年11月
  • ブルームの東方 への旅--『ユリシーズ』第5挿話論/Joycean Japan (5) 5-20 1994年6月

書籍等出版物

  • 「アイリッシュ・アメリカンの文化を読む」水声社 2016年7月
  • 「ジョイスの罠」言叢社 2016年2月
  • 「アイルランドの風の花嫁」金星堂 2014年3月
  • 「プラハとダブリンーフリッツ・マウトナーとその射程」日本独文学会 2013年9月
  • 「プラハとダブリンー20世紀ヨーロッパ文学における二つのトポス」日本独文学会 2009年10月
  • 「アントニー・トロロープ短編集II」鷹書房弓プレス 2008年11月
  • 「アントニー・トロロープ短編集I」鷹書房弓プレス 2004年8月
  • 「男の事情・女の事情」国書刊行会 2004年6月
  • 「ジェイムズ・ジョイス事典」松伯社 1997年6月
  • 「連枝の世紀」透土社 1990年2月

講演・口頭発表等

  • 「マウトナーを読むベケットとジョイス」日本独文学会秋季研究発表大会 2012年10月
  • 「ジョイスとユダヤ人」日本独文学会秋季研究発表大会 2008年10月
  • 「『若い芸術家の肖像』再読」日本ジェイムズ・ジョイス協会第21回大会 2009年6月
  • 「ジョイスと都市」日本ジェイムズ・ジョイス協会第19回大会 2007年6月
  • 「『ユリシーズ』第6挿話をめぐって」日本ジェイムズ・ジョイス協会第17回大会 2005年6月
  • 「『フィネガンズ・ウェイク』ワークショップ」2002年6月
  • 「『ユリシーズ』シンポジウム第7挿話」2001年6月
  • 「『ユリシーズ』シンポジウム第17挿話」1997年6月
  • 「『フィネガンズ・ウェイク』(215.12-216.05)を読む」1995年6月11日
  • 「ブルームの東への旅」1993年6月

担当経験のある科目

  • イギリス文学史 (常葉大学)
  • 英米文学概論 (神奈川大学)
  • 英語圏地域研究 (山梨英和大学)
  • 英米の現代文化と英語 (山梨英和大学)
  • Media English (常葉大学)
  • イギリス文化論(常葉大学)

所属学協会

  • 日本英文学会
  • 日本ジェイムズ・ジョイス協会
  • イアシル・ジャパン(国際アイルランド文学協会日本支部)

競争的資金等の研究課題

  • 「プラハとダブリン、20世紀文学のふたつのトポス―言語問題と神秘思想をめぐって」日本学術振興会: 基盤研究(B)/研究期間: 2011年4月 - 2014年3月 代表者: 城眞一
  • 「亡霊としての近代―アイルランド小説通史」日本学術振興会: 科研基盤研究(B)/研究期間: 2009年4月 - 2012年3月 代表者: 吉川信
  • 「プラハとダブリン―20世紀文学の総括の試みとしての『二都物語』」日本学術振興会: 科研基盤研究(A)/研究期間: 2005年4月 - 2009年3月 代表者: 城眞一