グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 外国語学部  > 英米語学科  > 佐野 富士子

佐野 富士子

職名特任教授
所属常葉大学 外国語学部 英米語学科
学位教育学修士
研究分野第二言語習得を中心とする応用言語学、
英語教育学

学歴

津田塾大学 学芸学部 英文学科(学士)
横浜国立大学大学院 教育学研究科 英語教育学専修(修士)

経歴

2007年4月~2016年3月 横浜国立大学 教育人間科学部 教授
2007年4月~2016年3月 横浜国立大学 教育学研究科 教授
2008年4月~2016年3月 東京学芸大学大学院 連合学校 教育学研究科 主指導教授

研究テーマ

  • 人はどのように外国語を習得するか
  • 英語ライティング力の育成

主要な担当授業科目

  • 英語科教育法Ⅲ・Ⅳ
  • Intensive Reading ⅢA・ⅢB
  • Communicative Writing ⅡA・ⅡB

主要な研究業績

  • 『第二言語習得と英語科教育法』開拓社
  • 大学英語教育学大系第5巻『第二言語習得―SLA研究と外国語教育』大修館書店
  • 『文献から見る第二言語習得研究』開拓社
  • 『SLA研究と外国語教育―文献解説』リーベル出版
  • 『現代英語教授法総覧』大修館書店

社会活動実績

  • 大学英語教育学会 理事
  • JACET SLA研究会 代表
  • 関東甲信越英語教育学会 理事

メッセージ

英語教師になることを目指している人たちには、経験から得られる知識や技術のほかに、リサーチから得られる専門的知識も身につけて活用する教師になってほしい。学習者要因には多様性があるので、外国語の習得過程と学習成果は様々である。その不思議な現象を解き明かす努力を積み重ねることで、英語教育における今日的諸問題の解決の糸口を見出す努力を続ける教師になってほしい。それが地域への貢献となろう。また、グローバルな時代に生きる人材を育てるため、英語を使う力を育てる未来志向の英語指導を行う英語教師になってほしい。そのためには、教師自身が常葉大学のモットーである知徳兼備を目指す必要があろう。大いに学び、大きく力を伸ばしてほしい。