グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 外国語学部  > 英米語学科  > 井上 朋子

井上 朋子

職名准教授
所属常葉大学 外国語学部 英米語学科
学位修士
研究分野   言語学 / 英語学

学歴

静岡県立大学 大学院国際関係学研究科 比較文化専攻(言語学)
筑波大学 第一学群 人文学類

論文

  • 文法化とカテゴリー論―to不定詞の成立にみる文法カテゴリーの変化― 井上朋子 常葉学園大学研究紀要 26 1-17 2010年
  • 「に」との比較におけるtoの文法化―前置詞から不定詞のマーカーへ― 日本英語学会第26回大会研究発表論文集JELS (26) 2009年
  • 不定詞発生における「移動」と「目的」の認知的役割 日本中部言語学会学会誌 Ars Linguistica (Linguistic Studies of Shizuoka) 16 2009年
  • 前置詞toからto不定詞への文法化―日本語後置詞「に」との比較における考察― 常葉学園大学研究紀要 24 2008年
  • 認知言語学研究と入門期の英語教育――進行相のとらえ方 アイリス英語教育学会学会誌『IRICE PLAZA』 第13号 pp14~22 (p107) 2003年
  • 大学教育におけるTOEIC指導-成果と課題 静岡県立大学国際関係学部紀要『国際関係・比較文化研究』 第1巻(第1号) pp41~56 (p156) 2002年
  • be +V-ing と『V-ていく』の関係にみるイメージスキーマに基づく意味変化 中部言語学会学会誌Ars Linguistica (Linguistic Studies of Shizuoka) Vol.9 pp1~16 (p130) 2002年
  • 移動動詞passの意味拡張にみる空間から時間へのマッピング 中部言語学会学会誌Ars Linguistica (Linguistic Studies of Shizuoka) (『英語学論説資料第37号』に再録) Vol.8 1-20 2001年
  • 「~ていく」の意味変化におけるイメージスキーマとメタファー的写像 中部言語学会学会誌Ars Linguistica (Linguistic Studies of Shizuoka) (『日本語学論説資料第37号』に再録) Vol.7 1-20 2000年
  • 文構造とメタファーの成り立ち 中部言語学会学会誌Ars Linguistica (Linguistic Studies of Shizuoka)(『英語学論説資料第36号』に再録) Vol.6 7-19 1999年

研究業績(論文・解説)

  • ポートフォリオ導入によるキャリア開発教育の研究 井上 朋子 常葉学園大学紀要 (27) 2011年3月
  • 良い授業の概念に関する研究:学習意欲を高める授業の具体例 井上 朋子 常葉学園大学紀要 (27) 2011年3月

書籍等出版物

  • コーパス活用 ロングマン実用英文法辞典 桐原書店(2003.12にピアソン・エデュケーションより刊行) 2005年
  • Eゲイト英和辞典 ベネッセ・コーポレーション 2003年
  • 文部科学省検定済教科書(高等学校 外国語用)Pro-Vision English Communication II 桐原書店 2013年検定済
  • Pro-Vision English Communication I Teacher's Manual 桐原書店 2013年

講演・口頭発表等

  • toの文法化における意味と文法カテゴリーの変化―日本語後置詞『に』との共通点と相違点―」IRICE英語教育学会 第220回月例研究会 2013年3月
  • toと「に」の文法化にみる意味と文法カテゴリーの変化 中部言語学会第54回研究会 2008年
  • 「に」との比較におけるtoの文法化-前置詞から不定詞のマーカーへ- 日本英語学会第26回大会 2008年
  • 大学におけるTOEIC集中講座――実例報告と今後の課題 中部言語学会 第43回定例研究会 2002年
  • 認知言語学研究と入門期の英語教育――進行相のとらえ方 アイリス英語教育学会(国際コミュニケーション英語研究所) 第114回月例研究会 2002年

所属学協会

日本中部言語学会、日本英語学会、日本認知言語学会、日本時事英語学会、アイリス英語教育学会、英語発音・表記学会