グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 健康科学部  > 静岡理学療法学科  > 栗田 泰成

栗田 泰成

職名講師
所属常葉大学 健康科学部 静岡理学療法学科
学位リハビリテーション科学修士
研究分野リハビリテーション科学,スポーツ医学,
整形外科領域の理学療法(成長期におけるスポーツ障害を中心に),
小児理学療法

最終学歴

2011年3月 聖隷クリストファー大学大学院リハビリテーション科学研究科修士課程修了(リハビリテーション科学修士)修第31号

職歴

2004年4月~2009年3月 沼津市立病院リハビリテーション科・理学療法士
2009年4月~2009年6月 常葉リハビリテーション病院リハビリテーション科・理学療法士
2009年7月~2010年8月 同・理学療法主任
2010年9月~2013年3月 同・科長補佐兼理学療法主任
2013年4月~現在     常葉大学健康科学部静岡理学療法学科・助教
2013年4月~現在     常葉リハビリテーション病院リハビリテーション科・非常勤理学療法士

教育歴

2009年3月~2013年3月 沼津精華学園沼津中央高等学校・非常勤講師                 
2011年10月~2013年3月 静岡リハビリテーション専門学校・非常勤講師
2011年1月~2014年3月 株式会社アイケア・非常勤講師
2013年4月~現在 常葉大学健康科学部静岡理学療法学科・助教
2014年9月~2016年11月 株式会社アクタガワ・トレーニングアドバイザー 他

スポーツメディカルサポート、トレーナー活動

  • 清水エスパルス ユース・ジュニアユース ・非常勤理学療法士(2015年まで)
  • 常葉学園橘高等学校・中学校 女子サッカー部 ・トレーナー(現在に至る)
  • 常葉学園橘高等学校 男子サッカー部 ・トレーナー(2014年まで)
  • 静岡トレセンU-11、12 ・メディカルサポートスタッフ(現在に至る)
  • 静岡県シニアサッカーファスティバルin ECOPA・メディカルサポート委員(現在に至る)
  • 全国少年少女草サッカー大会・メディカルサポート(現在に至る)
  • 静岡新春U-11サッカー大会・メディカルサポート(現在に至る)
  • 清水レディースカップサッカー大会メディカルサポート(現在に至る)
  • 静岡マラソン メディカルサポート(現在に至る)
  • 常葉学園菊川中学校陸上部・臨時コーチ(2013年まで) 他

担当科目

  • 基礎理学療法学Ⅰ
  • 理学療法評価学Ⅰ演習
  • 障害別機能評価演習(運動器系)
  • 内部障害理学療法学(呼吸器)
  • 内部障害理学療法学演習(呼吸器)
  • リハビリテーション論(呼吸理学療法)
  • 理学療法学特論A(最新知見・エビデンス)
  • 臨床実習セミナーⅠ
  • チーム連携セミナー
  • 人間力セミナー
  • 卒業研究 他

資格・免許

  • 理学療法士免許
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 国際サッカー連盟(FIFA)11+インストラクター
  • アメリカ心臓協会(AHA)BLSヘルスケア・プロバイダー
  • 日本スポーツ障害者協会公認初級障害者スポーツ指導員
  • 福祉住環境コーディネーター2級

論文

  • 栗田泰成,中井聖,村本名史,塚本敏也,加藤倫卓,平野幸伸:成長期トップアスリートにおける膝関節機能と障害の関係 ―中学校・高等学校女子サッカー選手を対象として―,常葉大学健康科学部研究報告集,3(1),pp51-57,2016.
  • 加藤千明,栗田泰成,榛葉益枝,石舘美弥子,加藤和子:小児期の成長・発達に関する動画を用いた授業方法の検討(第2報),常葉大学健康科学部研究報告集,3(1),pp41-49,2016.
  • 瀧澤寛路,村本名史,栗田泰成,笹川慶,高根信吾:アルティメット選手の心理的競技能力について 第二報,常葉大学経営学部紀要,3(2),pp27-35, 2016.
  • 神谷浩嗣,栗田泰成:脳性麻痺における頚部・肩甲帯に注目した運動療法―運動発達を考慮した一症例―,静岡県理学療法士会学術誌,31,pp41-46,2015.
  • 村本名史,栗田泰成,高根信吾,瀧澤寛路,古瀬由佳,塚本博之,河合学,今丸好一郎:家庭婦人バレーボール選手における踵骨の音響的骨評価,バレーボール研究,17(1),pp1-6,2015.
  • 加藤倫卓,久保明,塚本敏也,栗田泰成,光地海人,森雄司,川瀬翔太,千崎顕史,落合康平,平野幸伸:運動が酸化ストレスに与える影響,常葉大学健康科学部研究報告集,2(1),pp29-33,2015.
  • 加藤千明,加藤和子,栗田泰成,榛葉益枝:看護学科・理学療法学科の合同授業に動画を用いた効果について,常葉大学健康科学部研究報告集,2(1),pp1-9,2015.
  • 瀧澤寛路,村本名史,栗田泰成,高根信吾,笹川慶:アルティメット選手の心理的競技能力について 第一報,常葉大学経営学部紀要,2(2),pp29-37,2015.
  • 平野幸伸,加藤倫卓,栗田泰成,塚本敏也:筋から考えるむち打ち損傷関連障害(WAD)の理学療法.理学療法学,41(8),pp639-644,2014.
  • 村本名史,栗田泰成,山田雅敏,高根信吾,瀧澤寛路:バスケットボールゲームにおける大学生の身体加速度,常葉大学経営学部紀要,2(1),pp49-52,2014.
  • 村本名史,栗田泰成,高根信吾,瀧澤寛路,平野幸伸,稲村欣作,古瀬由佳,塚本博之,河合学:大学女子バレーボール選手における跳躍高および等速性膝関節筋力の関係.バレーボール研究,16(1),pp1-6,2014.
  • 栗田泰成,村本名史,平野幸伸,高根信吾,瀧澤寛路,稲村欣作:大学女子バレーボール選手における傷病歴と疼痛の分析―リハビリテーションの立場より―.常葉大学健康科学部研究報告集,1(1),pp87-91,2014.
  • 村本名史,高根信吾,瀧澤寛路,田口喜久恵,栗田泰成,大塩正則,稲村欣作:静岡県における大学生の骨密度と体格・身体組成.常葉大学経営学部紀要,1(1),pp113-120,2014.
  • 櫻井博紀,平野幸伸,青田安史,山本武,井口睦仁,山田雅敏,栗田泰成:運動習慣および運動負荷が下肢筋圧痛閾値に及ぼす影響.常葉大学保健医療学部紀要,5(1),2014.
  • 栗田泰成,天野麻美,大城昌平:大腿骨近位部骨折術後回復期リハビリテーションにおける二重課題トレーニングの効果.総合リハビリテーション,40(12),pp1547-1554,2012.
  • 平野幸伸,櫻井博紀,栗田泰成,二宮幸士,五十嵐杏奈,安間稔泰,青田安史,山本武:膝関節周囲組織のセラピューティック・ストレッチング.理学療法,27(9),pp1095-1104,2010.
  • 櫻井博紀,平野幸伸,栗田泰成,鈴木重行:軟部組織障害に対する徒手的アプローチのエビデンス―筋を中心に.理学療法,27(3),pp429-437,2010.
  • 平野幸伸,櫻井博紀,青田安史,栗田泰成,鈴木重行:理学療法に必要な触診技術:臨床例:上肢・体幹.理学療法,26(12),pp1410-1415,2009.
  • 平野幸伸,櫻井博紀,青田安史,栗田泰成,鈴木重行:理学療法に必要な触診技術:臨床例:下肢.理学療法,26(11),pp1290-1295,2009.
  • 鈴木賢一,長山晃,加藤有希,鈴木光明,野毛一郎,岡田徹,栗田泰成,佐野克典,吉田康秀:抗がん剤投与に伴う栄養指標への影響.医療薬学,33(3),pp229-234,2007  他

受賞・表彰

第16回静岡県理学療法士学会 優秀賞「二重課題トレーニングによる前頭前野機能への効果」大杉紘徳,栗田泰成,大城昌平
第18回静岡県理学療法士学会 優秀賞「脳性麻痺者の運動発達段階を考慮し頚部・肩甲帯周囲に着目した一症例」神谷浩嗣,栗田泰成

所属学会

  • 日本理学療法士協会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本臨床バイオメカニクス学会
  • 日本体力医学会
  • 臨床歩行分析研究会
  • 日本バレーボール学会
  • 理学療法科学学会

学外活動

  • みしまジュニアスポーツアカデミー 講師「スポーツ医学」
  • みしまジュニアスポーツアカデミー 第1期生身体能力測定会 測定監修・分析
  • 富士市ジュニアスポーツアカデミー 講師「スポーツ医学」
  • 静岡県理学療法士会 第19回公開講座 講師「転倒や認知症予防のための『いきいき増進計画』」
  • 日本バーレーボール学会 渉外委員会 委員
  • 日本理学療法士協会 第48回全国学術研修大会 企画局企画部副部長
  • 静岡県理学療法士会 公益事業局メディカルサポートサッカー部門副部門長
  • 静岡県理学療法士会 職能局医療保険部副部長
  • 静岡県理学療法士会 職能局吸引に関する特別委員会副委員長(平成25年3月まで)
  • 静岡県理学療法士会 公益事業局メディカルサポートサッカー部門講師「心肺蘇生法とAEDについて」
  • 静岡県理学療法士会 平成24・25年度新人教育プログラム研修会講師「理学療法における関連法規」
  • 静岡県理学療法士会 平成23年度新人教育プログラム研修会講師「理学療法士と保険制度」
  • 静岡県理学療法士会 第4回公開講座財務副部長 他

メッセージ

 医療の世界だけでなく、現代社会では“具体的な目標設定”とそこに向かうプロセスの“分析”が大変重要とされています。特にプロスポーツの分野ではこの意識がより高く、緻密な計算のもとに成り立っています。
 皆さんは何か将来への目標はありますか。まだ、はっきりとしていなくても、小さなことでも結構です。あなたの目標を明確にし、そして実現するためにも価値ある場所で自ら学び、将来の結果を勝ち取りませんか。常葉大学健康科学部で待っています。

関連リンク