グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 健康科学部  > 静岡理学療法学科  > 加藤 倫卓

加藤 倫卓

職名講師
所属常葉大学 健康科学部 静岡理学療法学科
学位医学博士
研究分野  循環器疾患に対する理学療法、老年医学

学歴

北里大学大学院医療系研究科循環器内科学専攻 博士(医学)
北里大学大学院医療系研究科機能回復学専攻 修士(医科学)
国立療養所東名古屋病院付属リハビリテーション学院 理学療法学科

職歴

国立病院機構静岡医療センター
国立伊東温泉病院

担当科目

  • 人間力セミナー
  • リハビリテーション概論
  • 医療英語
  • 理学療法評価学II
  • 内部障害理学療法学演習
  • 理学療法研究方法論
  • 理学療法技術II
  • 卒業研究
  • 理学療法研究セミナー
  • 臨床実習セミナー

資格・免許

  • 理学療法士免許
  • 専門理学療法士(内部障害)
  • 心臓リハビリテーション指導士
  • 骨粗鬆症マネージャー

論文

  • Michitaka Kato, Akira Kubo, Fumi Nihei, Michio Ogano, Hisato Takagi. Effects of exercise training on exercise capacity, cardiac function, body mass index, and quality of life in patients with atrial fibrillation: A meta-analysis of randomized controlled trials. Int J Rehabil Res 2017 (In press).
  • 加藤倫卓,久保明,杉岡陽介,三井理恵,福原延樹,栗田泰成,塚本敏也,竹田義彦.肺機能が正常値を示す一般集団における終末糖化産物の蓄積と肺機能の低下の関係–60歳以上の対象における検討–.常葉大学健康科学部研究報告集 2017;4:19-26.
  • 久保明,加藤倫卓,栗田泰成,塚本敏也,杉岡陽介.食が支える長寿の秘訣.常葉大学健康科学部研究報告集 2017;4:9-18.
  • 光地海人,加藤倫卓,川瀨翔太,森雄司,竹下直紀,千崎史顕,内藤裕治,町田ゆり子,池戸利行,飯塚祐美子,杉本圭子,田邊潤,梅本琢也.心筋梗塞患者における心臓リハビリテーションが冠危険因子の目標の達成に与える効果.心臓リハビリテーション 2017(印刷中)
  • Michitaka Kato, Takashi Masuda, Michio Ogano, Kazuki Hotta, Hisato Takagi, Shinya Tanaka, Yumi Kamada, Ayako Akiyama, Daisuke Kamekawa, Ryosuke Shimizu, Minoru Tabata, Jun Tanabe, Takuya Umemoto. Stretching Exercises Improve Vascular Endothelial Dysfunct ion through Oxidative Stress Attenuation in Chronic Heart Failure Patients with an Implantable Cardioverter Defibrillator. J Cardiopulm Rehabil Prev. 2017;37:130-138.
  • 杉岡陽介,久保明,三井理恵,福原延樹,加藤倫卓,仁瓶史美,竹田義彦.皮膚組織における終末糖化産物の蓄積と骨格筋量との関係.総合健診 43(5): 537-542, 2016.
  • 川瀬翔太,加藤倫卓,光地海人,森雄司,千崎史顕,落合康平,竹下直紀,池戸利行,杉本圭子,飯塚祐美子,内田美子,田邊潤,梅本琢也.当院における急性心筋梗塞患者に対する外来心臓リハビリテーションの参加率と継続率.静岡理学療法ジャーナル2016;33:51-56.
  • Michitaka Kato, Akira Kubo, Yosuke Sugioka, Rie Mitsui, Nobuki Fukuhara, Fumi Nihei and Yoshihiko Takeda. Relationship between advanced glycation end product accumulation and low skeletal muscle mass in Japanese men and women. Geriatr Gerontol Int. 2016 Apr 27. doi: 10.1111/ggi.12787.
  • 加藤倫卓,森雄司,光地海人,川瀨翔太,千﨑史顕,角谷星那,鬼頭和也,内藤裕治,池戸利行,久保明,河合憲一,小澤章子,高木寿人,梅本琢也. 多臓器不全スコアはStanford A型急性大動脈解離患者における術後早期のリハビリテーションの目標達成を予測する.理学療法学 43: 98-106, 2016.
  • Ryo Tobita, Kentaro Iwata, Kenta Kamisaka, Satoshi Yuguchi, Masayuki Tahara, Keisuke Oura, Tomoyuki Morisawa, Satoko Ohashi, Megumi Kumamaru, Yusuke Hanafusa, Michitaka Kato, Masakazu Saitoh, Koji Sakurada, Tetsuya Takahashi. Clinical characteristics of functional recovery after coronary artery bypass graft surgery in Japanese octogenarians. J. Phys. Ther. Sci. 2016; 28: 621–625.
  • 栗田泰成,中井聖,村本名史,平野幸伸,加藤倫卓. 成長期トップアスリートにおける膝関節機能-中学校・高等学校女子サッカー選手-. 常葉大学健康科学部研究報告集 2016;3(1).
  • Ryosuke Shimizu, Kazuki Hotta, Shuhei Yamamoto, Takuya Matsumoto, Kentaro Kamiya, Michitaka Kato, Nobuaki Hamazaki, Daisuke Kamekawa, Ayako Akiyama, Yumi Kamada, Shinya Tanaka, Takashi Masuda. Low-intensity resistance training with blood flow restriction improves vascular endothelial function and peripheral blood circulation in healthy elderly people. Eur J Appl Physiol. 2016;116:749-57.
  • 安達裕一,上坂健太,田原将之,大浦啓輔,澁川武志,花房祐輔,湯口聡,加藤倫卓,櫻田弘治,高橋哲也.胸部および胸腹部大動脈瘤患者における術式別のリハビリテーション経過の特徴. 理学療法学 2015;42: 503-510.
  • 澁川武志,上坂健太,湯口聡,田原将之,大浦啓輔,加藤倫卓,花房祐輔,齊藤正和,櫻田弘治,森沢知之,高橋哲也.80歳以上の高齢者における心大血管手術後100m歩行自立阻害因子の検討.理学療法学 2015;42:487-493.
  • 石月亜由美,尾熊洋子,岸雅人,加藤倫卓,石井俊夫.気腫合併肺線維症患者の運動機能に関する臨床的特徴.静岡理学療法ジャーナル 2015;31:58-61.
  • 加藤倫卓,光地海人,川瀬翔太,森雄司,千崎史顕,落合康平,内藤裕治,池戸利行, 久保明,平野幸伸,小鹿野道雄,田邊潤,梅本琢也.急性心筋梗塞患者における禁煙後の体重増加と身体活動量の関係.心臓リハビリテーション2015;20(2):363-368.
  • 田原将之,齊藤正和,加藤倫卓,大浦啓輔,湯口聡,澁川武志,上坂建太,花房祐輔,榊聡子,森沢知之,高橋哲也.腹部大動脈瘤の人工血管置換術後における早期歩行自立後の課題:退院遅延因子となった遅発性合併症の分析.心臓リハビリテーション 2015;20(2) :356-362.
  • 森沢知之,湯口聡,大浦啓輔,上坂建太,加藤倫卓,齊藤正和,櫻田弘治,澁川武志,田原将之,花房祐輔,高橋哲也.心臓外科手術後リハビリテーション遅延の特徴-多施設による検討-.総合リハビリテーション 2015;43(5) :459-464.
  • 加藤倫卓,久保明,塚本敏也,栗田泰成,森雄司,川瀬翔太,光地海人,千崎史顕,落合康平,平野幸伸.運動が酸化ストレスに与える影響.常葉大学健康科学部研究報告集 2015;2:29-33.
  • 平野幸伸,加藤倫卓,栗田泰成,塚本敏也.筋から考えるむち打ち損傷関連障害(WAD)の理学療法.理学療法学 2015;41(8):639-644.
  • 森沢知之,湯口聡,大浦啓輔,上坂建太,加藤倫卓,齊藤正和,櫻田弘治,澁川武志,田原将之,花房祐輔,高橋哲也.冠動脈バイパス術後リハビリテーション遅延の特徴とその関連因子.日本集中治療医学会雑誌 2014; 21(6):601-606.
  • 加藤倫卓,内藤裕治,森雄司他.急性心筋梗塞患者に対する回復期心臓リハビリテーションが体組成の変化に及ぼす影響.理学療法科学 2014;29(4):543-547.
  • 北野桂介, 加藤倫卓, 榎本栄, 松本祐一, 神谷薫, 鎌田干佳子, 松本由紀, 大川佐和子, 越川早和, 佐野裕美, 杉山弘一, 須長ますみ, 田中賢司, 坂本泰三.循環器専門病院における急性期の多職種協働による包括的心臓リハビリテーション3症例の検討.心臓リハビリテーション 2014;19(2):246-249.
  • Minoru Tabata, Michitaka Kato, Takashi Masuda et al. Six-minute walk distance is an independent predictor of hospital readmission in patients with chronic heart failure. Int Heart J 2014;55(4):331-336.
  • 内藤裕治,加藤倫卓,光地海人,町田ゆり子,千崎史顕,森雄司,川瀬翔太,竹下直紀,落合康平,山岸国夫,梅原康彦,真田恵子,太田周介,川口洋平,河命守,行平重雄,寺西悦子,土屋文彦,高野直人,五十石貴洋.当院における大腿骨頸部骨折に対する地域連携クリティカルパス導入効果の検討.日本関節病学会誌 2014;33(2):487-494.
  • 齊藤正和,加藤倫卓,高橋哲也他. 多施設共同研究によるStanford type A急性大動脈解離術後患者の術後リハビリテーション進行の検討.心臓リハビリテーション 2104,19(1):84-89.
  • 饗庭尚子,加藤倫卓,増田卓他.ペットを飼育する急性心筋梗塞患者における周波数領域・非線形領域解析を用いた心拍変動に関する検討.ストレス科学2013,27(4):410-418.
  • Hotta K, Kato M, Masuda T et al. Stretching Exercises Enhance Vascular Endothelial Function and Improve Peripheral Circulation in Patients With Acute Myocardial Infarction. International heart journal 2013;54(2): 59-63.
  • 内藤裕治,加藤倫卓,太田周介他.腸腰筋血腫により大腿神経麻痺を発症した2例.運動療法と物理療法.運動療法と物理療法 2013;23(4): 436-441.
  • Misako Yokoyama, Michitaka Kato, Takashi Masuda et al. Hippotherapy improves muscle hypertonia caused by an autonomic imbalance in children with spastic cerebral palsy. The Kitasato Medical Journal 2013;43:67-73.
  • 加藤倫卓,川瀬翔太,森雄司他.循環器理学療法におけるリスクの診方.静岡理学療法ジャーナル 2012;24:12-15.
  • 加藤倫卓,川瀬翔太,松永篤彦他.急性心筋梗塞患者に対する禁煙指導後の体重増加が冠危険因子に与える影響.心臓 2011;43:174-180.
  • 平岡りか,北野桂介,加藤倫卓他.慢性呼吸不全患者の栄養状態と栄養に関する問題点の関係について検討.日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 2009;19(2):136-140.
  • 加藤倫卓,内藤裕治,小原伊都子他.低頻度通院型心臓リハビリテーションの有用性の検討-運動耐容能・下肢筋力・体組成の変化より―.静岡理学療法ジャーナル 2009;17:6-9.

学会発表

(筆頭のみ)
  • Michitaka Kato, Kentaro Hori, Tomonori Kawamura, Kentaro Iwata, Koji Sakurada, Daisuke Okamura, Yuji Mori, Masayuki Tahara, Satoshi Yuguchi, Kenta Kamisaka, Keisuke Oura, Tomoyuki Morisawa, Masakazu Saitoh and Tetsuya Takahashi. The influence of postoperative atrial fibrillation on postoperative physical functional recovery in patients undergoing heart valve surgery (Oral presentation). WCPT-AWP 2017, Bangkok-Thailand.
  • 加藤倫卓他.術後心房細動が心臓弁膜症患者の歩行自立の遅延に与える影響.第81回日本循環器学会学術集会.2017.金沢
  • Michitaka Kato et al. Multiple organ failure assessment can predict achievement of early postoperative rehabilitation goal in patients undergoing acute aortic dissection repair. The Asian Confederation for Physical Therapy Conference 2016. Kuala Lumpur-Malaysia
  • 加藤倫卓他. 持続性心房細動患者におけるカテーテルアブレーション後の運動耐容能と運動療法の効果. 第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2016. 東京
  • 加藤倫卓他. 骨格筋量と組織における終末糖化産物の蓄積との関連.第16回日本抗加齢医学会総会 2016. 横浜
  • 加藤倫卓他. 終末糖化産物の蓄積と骨格筋量の減少の関係. 第2回日本予防理学療法学会 2015. 札幌
  • 加藤倫卓他. ストレッチング体操が植込み型除細動器を装着した慢性心不全患者の血管内皮機能と運動耐容能に与える影響. 第50回日本理学療法学術大会 2015. 東京
  • Michitaka Kato et al. Stretching exercises improve endothelial dysfunction via attenuating oxidative stress in heart failure patients with implantable cardioverter defibrillator. Euro. Heart J.2014:35(Suppl):48. (Oral Presentation) 2014. Balcerona-Spain
  • 加藤倫卓他. 植込み型除細動器を装着した心不全患者に対するストレッチング体操は酸化ストレスと血管内皮機能を改善する. 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2014. 京都
  • Michitaka Kato et al. Stretching Exercises Increase Exercise Capacity via Ameliorating Vascular Endothelial Function in Sedentary Chronic Heart Failure Patients with Implantable Cardioverter Defibrillator.The 78th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 2014. Tokyo-Japan
  • 加藤倫卓他. 急性大動脈解離の患者における術後リハビリテーションの進行は多臓器不全スコアの評価によって予測可能である. 第48回日本理学療法学術大会 2013. 名古屋
  • Michitaka Kato et al. Stretching Exercises Attenuate Oxidative Stress and Vascular Endothelial Function in Heart Failure Patients with Implantable Cardioverter Defibrillator or Cardiac Resynchronization Therapy defibrillator. American Heart Association AHA scientific sessions 2013. Dalas-USA
  • 加藤倫卓他. 急性大動脈解離の患者において術後の歩行自立日数を予測する因子の検討. 第77回日本循環器学会学術集会 2013. 横浜
  • 加藤倫卓他. 多臓器不全スコアによる急性大動脈解離の術後早期の評価は急性期心臓リハビリテーションの進行を予測する. 第18回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2012. 大宮
  • Michitaka Kato et al. Effects of Weight Gain Following smoking cessation on cardiovascular risk factors in Patients with acute myocardial infarction. 11th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy, 2011. Bali-Indonesia
  • 加藤倫卓他. 心筋梗塞患者における禁煙後の体重増加は血圧と血清脂質の上昇を惹起する. 第16回日本心臓リハビリテーション学会 2011. 鹿児島
  • 加藤倫卓他. 心筋梗塞患者に対する禁煙指導後の体組成の変化と身体活動時間の関連性について. 第45回日本理学療法学術大会 2011. 岐阜
  • 加藤倫卓他. 心筋梗塞後におけるリハビリテーションが禁煙率に与える影響.第4回日本禁煙科学会・学術総会 2011. 金沢
  • 加藤倫卓他. リハスタッフ主導の禁煙介入を併用した回復期心臓リハビリの検討. 第15回日本心臓リハビリテーション学会学術集会2010. 東京
  • 加藤倫卓他. 心筋梗塞後禁煙患者における体組成と血清脂質の変化. 第14回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2009. 大阪
  • 加藤倫卓他. 心筋梗塞患者における禁煙と体重変化の関係. 第73回日本循環器学会総会・学術集会 2009. 大阪
  • 加藤倫卓他. 薬剤抵抗性慢性心不全に対する心臓再同期療法後に外来心臓リハビリテーションを行い著名な運動耐容能の改善を認めた1例. 第23回東海北陸理学療法学術大会誌 2008. 三重
  • 加藤倫卓他. 当院での回復期心臓リハビリテーションの短期効果の検討. 第11回静岡県理学療法学術大会 2007. 富士
  • 加藤倫卓. 途上国医療協力での術後呼吸管理における一考察. 日本理学療法学術大会 2007. 新潟
  • 加藤倫卓他. 心臓血管外科術部位別の術後肺活量の違い. 日本理学療法学術大会 2006. 群馬
  • 加藤倫卓他. 途上国医療協力での術後連続的呼吸管理時間の検討. 第21回東海北陸理学療法学術大会 2005. 名古屋

著書

  • 内山靖, 網本和他編集, 加藤倫卓他. 今日の理学療法指針.医学書院 2015
  • 内昌之, 高橋哲也他編集, 加藤倫卓他.「なぜ」から導く循環器疾患のリハビリテーション急性期から在宅まで. 金原出版株式会社 2015
  • 平澤泰介他編集,加藤倫卓他.先端医療シリーズ44 臨床医のための最新整形外科.金原出版株式会社 2013.

学外活動・学外職

  • 第17回東海北陸理学療法学会企画部長(2012〜2014)
  • 静岡県理学療法士会専門領域内部障害部会循環器班班長(2012〜)
  • Cardiovascular Surgery Physiotherapy Network東日本世話人(2014~)
  • 静岡県理学療法士会専門領域内部障害部会部長(2015〜)
  • 第21回静岡県理学療法士学会企画局長(2016〜)
  • 第2回日本心血管理学療法学会学術集会広報部長(2016~)
  • 日本心血管理学療法学会運営幹事(2017〜)

受賞・表彰

  • 第11回静岡県理学療法学術大会優秀演題
  • 第81回日本循環器学会学術集会コメディカル優秀賞

所属学会

  • 日本理学療法士協会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
  • 日本抗加齢学会
  • 日本骨粗鬆症学会
  • 理学療法科学会