グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 健康科学部  > 静岡理学療法学科  > 磯崎 弘司

磯崎 弘司

職名教授/静岡理学療法学科長
所属常葉大学 健康科学部 静岡理学療法学科
研究分野運動器疾患の理学療法・義肢装具の適合と開発・高齢者介護予防

学歴

高知リハビリテーション学院卒
法政大学法学部法律学科卒
日本大学大学院理工学研究科 医療福祉工学専攻 工学修士
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科老年制御学専攻 医学博士

教育歴(職歴)

  • 多摩丘陵病院リハビリテーション科
  • 東京医科歯科大学医学部付属病院リハビリテーション部 主任
  • 埼玉県立大学保健医療福祉学部理学療法学科 助教授
  • 了徳寺大学健康科学部理学療法学科 教授
  • 帝京平成大学地域医療学部理学療法学科 教授
  • 常葉大学健康科学部静岡理学療法学科 教授 現在に至る

担当科目

  • リハビリテーション障害学Ⅰ(運動器疾患)
  • 高齢者医療福祉と介護予防
  • 義肢装具学
  • 義肢装具療法
  • 人間力セミナー
  • 卒業研究
  • 臨床実習ⅠⅡ他

資格・免許

理学療法士免許 専門理学療法士(骨関節系)

論文

  • Reliability of isometric knee extension muscle strength measurements of healthy elderly subjects made with hand-held dynamometer and a belt: J.phys.Ther.Sci.Vol.26,No.12.2014 共著
  • 静岡県の高齢者介護予防事業における介護予防システムの構築-静岡県高齢者介護予防対策と現状の調査-.常葉大学健康科学部研究報告集.1(1).2014.共著
  • 股関節の機能解剖学的理解のポイント: 理学療法 Vol31.9 p884-893.2013 単著
  • Reliability of Isometric Knee Extension Muscle Strength Measurement Using a Hand-held Dynamometer with a Belt: A Study of Test-retest Reliability in Healthy Elderly Subjects: Journal of Physical Therapy Science Vol22(4)P.359~P.363.2010 共著
  • Three-dimensional motion of the upper extremity joints during various activities of daily living: Journal of Biomechanics 43(15) p2915-2922.2010 共著
  • Evaluation of the age-related changes in movement smoothness in the lower extremity joints during lifting: Gait & Posture 31 2010 27-31.2010 共著
以上 2010年以降

著書

  • 編集著者:磯崎弘司・両角昌実・横山茂樹.義肢装具学テキスト2版.南江堂.2014
  • 編集:細田多穂・植松光俊他.著者:磯崎弘司他.人間発達学テキスト.南江堂.2014
  • 編集:相川英三・乗松尋道他.著者:磯崎弘司他.リハビリテーション評価と治療計画.西村書店.2014
  • 編集:森本栄・鶴見隆正他.著者:磯崎弘司・森本栄他.高齢者の理学療法.三輪書店.2013
  • 編集:細田多穂・柳沢健.著者:磯崎弘司・相澤純也他.理学療法ハンドブック4版 疾患別理学療法基本プログラム.協同医書.2012
  • 編集:柳沢健.著書:磯崎弘司・加地啓介他.運動療法学.金原出版.2010
以上 2010年以降

所属学会

日本理学療法士協会 日本義肢装具学会

外部研究資金・委託事業他

  • 文部科学省研究費:咬合力とバランス能力
  • 文部科学省研究費:専門職連携について
  • 埼玉県産官学共同委託研究:高齢者筋力トレーニング効果
  • 産学共同研究:介護予防効果判定と介護予防プログラム作成
  • 千葉県浦安市協同事業:高齢者の体力測定とフィードバック・介護予防
  • 埼玉県越谷市委託事業:高齢者体力測定とフィードバック・生活指導  他

メッセージ

理学療法はヒトと接する仕事です。理学療法を実施するためには、コミュニケーション能力、科学に裏付けされた確かな知識と技術、向上心・探究心が必要です。在学中は勿論のこと、卒業後も一緒に理学療法を学びましょう。