グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


中田 隆博

職名教授/心身マネジメント学科長
所属常葉大学 健康プロデュース学部
心身マネジメント学科
学位修士(農学)、博士(医学)
研究分野解剖学、組織学、神経科学

学歴

京都大学農学部卒
京都大学大学院農学研究科修士課程修了

教育歴(職歴)

島根医科大学医学部 助手
防衛医科大学校 助手
米国ジョンズ・ホプキンス大学 客員研究員
防衛医科大学校 助教
防衛医科大学校 指定講師
石川県立看護大学 准教授
常葉大学健康プロデュース学部 教授(現在に至る)

担当科目

  • 解剖学概論
  • 機能解剖学Ⅰ
  • 機能解剖学Ⅱ
  • 健康発育発達論
  • 人間力セミナー

資格・免許

死体解剖資格、学芸員

論文

  • 『具体的な運動介入を含まない健康支援クラウドサービスを用いた介入による生活習慣病予備群の体脂肪量減少効果』、情報コミュニケーション学会誌、10(2)、32-37、2014.
  • Organic cation transporter 2 (SLC22A2), a low-affinity and high-capacity choline transporter, is preferentially enriched on synaptic vesicles in cholinergic neurons, Neuroscience, 252, 212-221,2013.
  • Chromogen-based immunohistochemical method for elucidation of the coexpression of two antigens using antibodies from the same species, Journal of Histochemistry and Cytochemistry, 60(8),611-619,2012.
  • Filamin C plays an essential role in the maintenance of the structural integrity of cardiac and skeletal muscles, revealed by the medaka mutant zacro, Developmental Biology, 361(1), 79-89, 2012.
  • ERK2 contributes to the control of social behaviors in mice, Journal of Neuroscience, 31(33), 11953-67, 2011.
  • Simultaneous detection of T lymphocyte-related antigens (CD4/CD8, CD57, TCRβ) with nuclei by fluorescence-based immunohistochemistry in paraffin-embedded human lymph node, liver cancer and stomach cancer, Acta Cytologica, 55(4), 357-63, 2011.
  • Altered cytokine levels and increased CD4+ CD57+ T cells in the peripheral blood of hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma patients, Oncology Report, 26(1):201-8, 2011.
  • Overexpression of the dominant-negative form of myostatin results in doubling of muscle-fiber number in transgenic medaka (Oryzias latipes), Comparative Biochemistry and Physiology, Part A,155, 183-189, 2010.

所属学会

日本解剖学会、日本神経科学学会