グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


木村 佐枝子

職名准教授
所属常葉大学 健康プロデュース学部 心身マネジメント学科
学位博士(人間文化学)
研究分野健康心理学・社会貢献学・ボランティア教育

学歴

神戸学院大学大学院人間文化学研究科人間行動論専攻 博士後期課程 修了

教育歴(職歴)

1989年~2005年 京都外国語大学学生相談室 インテーカー
2005年~2007年 浜松大学健康プロデュース学部心身マネジメント学科助手
2007年~2009年 同大学 助教
2009年~2014年 同大学 講師
2012年~2014年 同大学大学院健康科学研究科臨床心理学専攻 講師
2014年~2016年 同大学・大学院 准教授
2016年~     常葉大学健康プロデュース学部心身マネジメント学科准教授
          常葉大学大学院健康科学研究科臨床心理学専攻 准教授

担当科目

  • 健康プロデュース概論
  • 心理臨床テスト論・基礎演習
  • スポーツボランティア論
  • 専門演習Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
  • 介護等体験実習(教職)
  • ボランティア活動論等

資格

  • 臨床心理士
  • 社会福祉士
  • 社会貢献活動支援士

論文

  • 木村佐枝子:東日本大震災におけるメッセージの分析に関する研究-3.11復光キャンドルナイトを事例として-、NGO活動研究(NERC JOURNAL)、Vol.14.2016
  • 木村佐枝子:大学における社会貢献の意義, NGO活動研究第10巻第1号, 2012
  • 木村佐枝子:国際ボランティアの教育的意義 -学生主体によるカンボジア教育支援プロジェクトを中心に-, 国際貢献ジャ-ナル第1巻第1号, 2012
  • 木村佐枝子・前林清和・舩木伸江:「東日本大震災における大学生ボランティアの語り-グラウンデッド・セオリ-・アプローチによる分析から-」,社会貢献学研究第1巻第1号,2012

著書

  • 木村佐枝子:『大学と社会貢献』、-学生ボランティア活動の教育的意義-、 創元社、2014年
  • 木村佐枝子:「学生と共に歩む心理臨床」大村哲夫,佐藤雅明編,滝口俊子監修 『心理臨床とセラピストの人生』-関わり合いの中の心理臨床-、創元社、2015年 
  • 木村佐枝子:「心理カウンセリングの基礎」「介護等体験実習の意義」、前林清和編、『教師を目指す人のためのカウンセリングマインド』、昭和堂、2016年

研究テーマ

  • 大規模災害時における心理支援に関する研究
  • 地域連携による安心安全教育に関する研究

学外活動・学外職

  • 特定非営利活動法人NGO活動教育研究センター 理事
  • 放送大学大学院臨床心理研究会 評議員
  • 大学生等による部活動支援ボランティア連絡協議会委員
  • 浜北副都心にぎわいづくり協議会委員(少子化対策担当)

受賞・表彰

  • 平成20年度・21年度浜松市青少年の表彰「善行奨励賞」受賞(ThunderBirds)
  • 平成22年度浜松市青少年の表彰「善行賞」受賞(ThunderBirds)
  • 第30回中日ボランティア賞受賞(ThunderBirds)
  • 社会貢献学会賞「奨励賞」受賞(ThunderBirds)
  • 学生ボランティアプレゼンバトル市長賞受賞(ThunderBirds)

所属学会

  • 日本心理臨床学会
  • 日本臨床心理身体運動学会
  • 社会貢献学会
  • 日本学生相談学会
  • 日本家庭教育学会

地域貢献活動実績

  • 平成27年地域交流・連携推進事業
    「地域連携によるこどもの下校見守り「まもろーる」における安心安全教育の展開」
  • 平成28年度地域交流・連携推進事業
    「地域連携による犯罪・災害に強いまちづくり・人づくりプロジェクト」

その他

  • ボランティアサークルThunderBirds顧問
  • 3.11はままつ東北復光プロジェクト顧問
  • BBS会顧問

メッセージ

長年の学生相談の事例やボランティア活動の教育的意義、緊急災害時の心理支援等から大学生に焦点をあてた実践的研究を行っています。
地域の安心安全を守るため防犯活動、防災活動、学校現場の教育支援、緊急時の災害支援、スポーツ現場のボランティア、識字率向上のための絵本教材開発、カンボジア教育支援など国内外のフィールドワークを中心に学生が自主的に学ぶ体験型の教育を重視しています。
これらの実践活動を通じ、自ら企画し行動する力を身に付け、地域社会に貢献できる有能な人材の育成を目指しています。