グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


星川 秀利

職名准教授
所属常葉大学 健康プロデュース学部
心身マネジメント学科
学位修士(人間科学)、博士(人間科学)
研究分野  運動生理学、スポーツバイオメカニクス

担当科目

  • 運動生理学概論
  • 運動学
  • 健康運動処方基礎演習
  • 健康運動処方応用演習
  • スポーツ測定評価論
  • トレーニング演習 ほか

学歴

1991年3月 早稲田大学 人間科学部スポーツ科学科 卒業
1993年3月 早稲田大学 大学院人間科学研究科 健康科学専攻 修士課程修了

経歴

武蔵丘短期大学(2009年3月まで)

資格

  • 博士(人間科学)

論文

  • 星川秀利、沢崎健太、有馬義貴、中澤寬元、里大輔、吉田早織、宮村司、田中誠一、微小突起による皮膚刺激が激運動後の血中乳酸濃度に及ぼす影響、Eastern Medicine、28(2)、p45-54、2012
  • 星川秀利、藤本浩志:サドル高の低下がペダリング運動中の下肢関節に及ぼす影響、日本機械学会論文集C編69(680),p1080-1085, 2003
  • 赤羽秀徳、青木和夫、星川秀利:ペダリング動作時の足関節固定が下肢の運動機能に及ぼす影響、人間工学 39(4),p169-179,2003
  • 赤羽秀徳、青木和夫、星川秀利:ペダリング動作時の足関節底屈・背屈運動の違いが下肢の関節ダイナミクスおよびクランクトルクに及ぼす影響、体力科学、53(2),p221-234,2004
  • 赤羽秀徳、青木和夫、星川秀利:ペダリング動作時の足関節底屈・背屈運動の違いが自覚的運動強度に及ぼす影響、人間工学、40(3),p115-179,2004
  • 文谷知明、星川秀利:カロリー計による平地・坂道および階段歩行のエネルギー消費量の評価—運動習慣を有する青年の場合—、運動と栄養の処方科学2,p7-12,2008

所属学協会

日本体育学会、日本体力医学会、日本運動生理学会、日本バイオメカニクス学会、ACSM(アメリカスポーツ医学会)

メッセージ

自らつくった限界の殻を破って、いろんなことにチャレンジしてみよう!成功することもあるでしょうが、たくさんの失敗も経験することでしょう。しかし、失敗して苦い経験をたくさんすることで、みなさんは一回りも二回りも成長していきます。さあ、今日からチャレンジの開始だ!!