グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


清水 正則

職名准教授
所属常葉大学 健康プロデュース学部 健康栄養学科
学位修士(食品栄養科学)、博士(食品栄養科学)
研究分野  植物生理学、分子生物学

学歴

1995年3月 静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 食品栄養科学専攻 博士前期課程修了 修士(食品栄養科学)
1998年3月 静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 食品栄養科学専攻 博士後期課程修了 博士(食品栄養科学)

教育歴(職歴)

1998年4月~2000年3月
2000年4月~2003年3月
2009年4月~2011年3月
2011年4月~

静岡県立大学生活健康科学研究科 博士研究員                  
株式会社オリノバ
浜松大学健康プロデュース学部 助教
浜松大学健康プロデュース学部 講師(大学院兼務)
(2013年4月~ 常葉大学へ名称変更)

担当科目

  • 食品学I
  • 食品学II
  • 食品学実験I
  • 食品学実験II
  • 健康栄養情報検索実習
  • 人間力セミナー
  • 食品栄養機能学特論

著書

  1. Sachiko Takase, Kazuhito Suruga,Takehiko Terashima, Masanori Shimizu (2013) Conversion of provitamin A to vitamin A and β-carotene 15, 15’-monooxygenase polymorphisms.Vitamins (Japan), 87, 557-563.
  2. Shimizu M, Kawai K, Kaku K, Shimizu T, Kobayashi H (2011). Application of mutated acetolactate synthase genes for herbicide resistance to crop improvement. In "Herbicides, Theory and Applications". (Soloneski S and. Larramendy M L, Eds) InTech, pp. 193-212.
  3. Kobayashi H., Kato H., and Shimizu M. (Sugiura, M., Oelmuller, R., and Obokata, J., eds.), Symbiotic aspects of participation of multiple sigma factors in functional chloroplasts. In "Endosymbiosis and Eukaryotic Organells" pp. 235-245 (2004).
  4. 清水正則, 吉本光希, 小林裕和: 葉緑体の転写調節: 光合成機能発現制御機構. 蛋白質核酸酵素45, 123-131(2000).

論文

  1. Shimizu M, Kato H, Ogawa T, Kurachi A, Nakagawa Y, and Kobayashi H: Sigma factor phosphorylation in the photosynthetic control of photosystem stoichiometry. Proc. Natl Acad Sci USA, 107 (23): 10760-10764, 2010.
  2. Kawai K, Kawai K, Izawa N, Shimizu M, Kobayashi H and Shimizu T: Transformation of Arabidopsis by mutated acetolactate synthase genes from rice and Arabidopsis that confer specific resistance to pyrimidinylcarboxylate-type ALS inhibitors. Plant Biotech, 27 (1): 75-84, 2010.
  3. Ahmad A., Kaji I, Murakami Y., Funato N., Ogawa T., Shimizu M., Niwa Y., and Kobayashi H.: Transformation of Arabidopsis with plant-derived DNA sequences necessary for selecting transformants and driving an objective gene. Biosci. Biotechnol. Biochem. 73, 936-938, 2009.
  4. Shimizu M., Goto M., Hanai M., Shimizu T., Izawa N., Kanamoto H., Tomizawa K., Yokota A., and Kobayashi H.: Selectable tolerance to herbicides by mutated acetolactate synthase genes integrated into the chloroplast genome of tobacco. Plant Physiol. 147, 1976-1983 (2008).
  5. Kawai K., Kaku K., Izawa N., Shimizu M., Kobayashi H. and Shimizu T.: Herbicide sensitivities of mutated enzymes expressed from artificially generated genes of acetolactate synthase. J. Pestic. Sci. 33, 128-137 (2008).
  6. Niwa Y., Hirano T., Yoshimoto K., Shimizu M., and Kobayashi H.: Non-invasive quantitative detection and applications of nontoxic-, S65T-type green fluorescent protein in living plants. Plant J. 18, 455-463 (1999).
  7. Mikami Y., Horiike G., Kuroyanagi M., Noguchi H., Shimizu M., Niwa Y., and Kobayashi H.: Gene for a protein capable of enhancing lateral root formation. FEBS Letters 451, 45-50 (1999).
  8. Isono K., Shimizu M., Yoshimoto K., Niwa Y., Satoh K., Yokota A., and Kobayashi H.: Leaf specifically expressed genes for polypeptides destined for chloroplasts with domains of sigma70 factors of bacterial RNA polymerases in Arabidopsis thaliana. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 94, 14948-14953 (1997).

特許

  1. 小林裕和、山本峻資、清水正則、発明名称:目的遺伝子を発現させるための光学スイッチ、特許出願番号2013-050728
  2. 小林裕和,清水正則 (出願人: 静岡県公立大学法人) : 光合成抑制遺伝子およびその用途. 特許出願番号: 2009-61335
  3. 小林裕和, 清水正則, 小川剛史, 中西幹育
 (出願人: 清水商工会議所): 光照射によるフラボノイド類合成系遺伝子の発現増強.特許出願番号: 2008-0891113.
  4. 小林裕和, 清水正則, 小川剛史, 野口博司, 中西幹育 (出願人: 清水商工会議所): 光照射によるリグナン類・リグニン類合成系遺伝子の発現増強.特許出願番号: 2008-089093
  5. 河合清,大村典子,片岡智,角康一郎,清水力,清水正則,小林裕和 (出願人: クミアイ化学工業株式会社): アセト乳酸合成酵素の活性測定方法及び形質転換体の製造方法. 特許出願番号: 2005-017220

スポーツ実績

野球、サッカー

所属学会

  • 日本植物生理学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本栄養・食糧学会
  • ビタミン学会

学外職

静岡県立大学生活健康科学研究科 客員共同研究員