グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


兒山 左弓

職名准教授
所属常葉大学 健康プロデュース学部 健康栄養学科
学位農学修士、農学博士
研究分野 臨床福祉栄養学、高齢期栄養

学歴

1979年 東京農業大学農学部栄養学科管理栄養士専攻卒業 管理栄養士
1981年 京農業大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士前期修了 農学修士
1985年 東京農業大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士後期満期修了
1986年 東京農業大学大学院 農学博士

職歴

  • 社会福祉法人浴光会 管理栄養士
  • 社会福祉法人にんじんの会 管理栄養士

教育歴

  • 特定非営利活動法人ケアセンターやわらぎ 訪問介護員養成研修 講師
  • 一般財団法人 日本ユニットケア推進センター 講師

担当科目

  • 臨床栄養食事指導論
  • 食介護論
  • 食介護論実習
  • 臨床栄養チーム医療論
  • 臨地実習演習
  • 総合演習
  • 高齢期実践栄養学特論 ほか

著書

  1. 「おはよう21」4月号増刊、「高齢者のための個別ケア実践マニュアル」 中央法規出版、(共)p32~37、2008
  2. 「おはよう21」9月号、「今から備えようユニットケアの感染症対策」 中央法規出版、(共)p24~27、2008
  3. 「摂食・嚥下機能支援の手引き」東京都西多摩保健所圏摂食・嚥下機能支援協議会 東京都西多摩保健所発行、(共)2010
  4. 「おはよう21」11月号、「目からうろこの記録術」中央法規出版、2010
  5. 「栄養とニュース」294号、第一出版、(共)2010
  6. 「個別ケア実践マニュアル ユニットケアで暮らしをつくる」中央法規出版(共)2011
  7. 「おはよう21」11月号、「Q&Aでわかる食事ケア」中央法規出版、p11~27、(監修)2011
  8. 「最新臨床栄養学 新ガイドライン対応」光生館、(共)p7~16、p21~26、2013

学会

日本摂食・嚥下リハビリテーション学会、日本栄養改善学会、日本食育学会、日本食品保蔵科学会

論文

  1. ラット組織からの分離生細胞の調整と肝細胞によるメタ重亜硫酸カリウムの酸化(共)食品衛生学雑誌、20、1979
  2. ラット肝分離細胞のニ、三の脱水素酵素に及ぼすメタ重亜硫酸カリウムの影響(共)食品衛生学雑誌、21、1980
  3. 米糠リパーゼの分離精製と性状に関する研究 修士論文、1981
  4. 等電点を酸性側に持つ米糠リパーゼに関する研究 博士論文、1986

その他
  1. 平成19年度高齢者日常生活継続調査 研究報告(共) ILC国際長寿センター、2007
  2. 平成20年度高齢者日常生活調査 研究報告(共) 財団法人長寿開発センター ILC国際長寿センター、2008
  3. 施設入所認知症高齢者への効果的な食行動支援サービスのための基礎的研究報告(共)、平成21年度 厚生労働省 老人保健健康増進事業、社会福祉法人にんじんの会、2010

資格・免許

  • 農学博士
  • 管理栄養士
  • 中学・高校教員免許(理科、家庭科)

学外職

  • 在宅チーム医療栄養管理研究会会員
  • 日本在宅褥瘡創傷ケア推進協会会員
  • 高齢者施設および在宅高齢者に関わる活動

メッセージ

超高齢化社会に世界で一番初めに到達した日本では、世界中で最も高齢化が進んだ国として高齢者の健康維持が大きな問題となっています。高齢者が最後まで自分らしく生きていただくためには、栄養状態の維持・改善が欠かせません。高齢者のQOLすなわち「人生の質」を保ちながら健康で生きるためにはどのような支援が必要なのか、栄養面だけではなく広い視野を持って考えていきたいと思っています。