グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 保健医療学部  > 理学療法学科  > 松村 剛志

松村 剛志

職名准教授
所属常葉大学 保健医療学部 理学療法学科
学位修了(文学修士)
研究分野神経系障害理学療法 生活環境支援系理学療法


学歴

専門学校 愛知医療学院 理学療法学科 卒業
日本福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 卒業
静岡大学大学院 人文社会科学研究科 比較地域文化専攻 修了(文学修士)

職歴

整形外科中野病院 リハビリテーション科
常葉学園医療専門学校 理学療法学科
城西神経内科クリニック リハビリテーション課
訪問看護ステーション ホームケア千歳烏山
堀田内科医院 リハビリテーション科

教育歴

専門学校 愛知医療学院 理学療法学科 非常勤講師
常葉学園医療専門学校 理学療法学科 非常勤講師
常葉静岡リハビリテーション専門学校 理学療法学科 非常勤講師

担当科目

神経系障害理学療法学・演習、理学療法評価学演習、保健医療福祉制度論

著書

  • 図解 運動療法ガイド(文光堂)(分担執筆)
  • 評価プロセス×リハプログラム PT/OTリハ演習メソッド(診断と治療社)(分担編集,分担執筆)
  • 図解 訪問リハビリテーション技術ガイド(文光堂)(分担執筆)
  • 理学療法科学シリーズ・地域理学療法学ノート(アイペック)(分担執筆)

論文

  • 松村剛志:体幹2点歩行動揺計を用いた歩行時の体幹動揺指標の評価 -異常歩行モデルの特性と再テスト信頼性の検討-.常葉大学保健医療学部紀要9(1):9-19,2018.
  • 松村剛志、山田順志、他:ウォーキングポールを用いた支持基底面の拡大が中等度パーキンソン病患者の運動振幅の大きさに与える即時的影響.静岡理学療法ジャーナル35:32-38,2017.
  • 松村剛志:3軸加速度センサを用いた歩行時における上部と下部の体幹動揺の測定-反復測定結果の信頼性と体幹動揺特性の検討-.常葉大学保健医療学部紀要8(1):29-36,2017.
  • 松村剛志:通所リハビリテーション利用者が理学療法士に対して抱く役割期待とその変化.日本在宅ケア学会誌19(1),51-58,2015.
  • 松村剛志,山田順志,ほか:夫婦間介護における介護者からみた短時間通所リハビリテーションの意味づけ.常葉大学保健医療学部紀要 5(1):53-60,2014.
  • 松村剛志,吉田英雄,ほか:軽症パーキンソン病患者に対するノルディックウォーキングを用いた早期介入の効果-シングルケースデザインによる検討-.浜松大学保健医療学部紀要 4(1):47-53,2013.
  • 松村剛志、岩下清子:要介護高齢者における訪問リハビリテーション利用の意味付けの変化-目標設定のための利用者理解を目指して-.浜松大学保健医療学部紀要3(1):35-44,2012.
  • 松村剛志、大渕裕昭:心理・社会的閉じこもりに対する訪問リハビリテーション・サービスの影響-介入による心理的変化の質的分析-.静岡県理学療法士会学術誌23,20-27,2011.

資格

理学療法士免許、社会福祉士免許、介護支援専門員免許

所属学会

日本理学療法士協会、日本在宅ケア学会、日本老年社会科学会、日本パーキンソン病・運動障害疾患学会

スポーツ実績・指導歴

ノルディックウォーキング ベーシック・インストラクター

メッセージ

私が臨床に出る時、恩師がこんな言葉を掛けてくれました。「これからは患者さんから学んでください」と。臨床では、患者さんが直面する問題が研究課題となり、適切な対応が出来たかどうかは患者さんが教えてくれます。このような患者さんの発するサインを丸ごとすくい取れるよう、学生の皆さんは自分の知識・技術そして感性を磨いてください。皆さんを精一杯、サポートさせていただきます。