グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 保健医療学部  > 理学療法学科  > 鈴木 伸治

鈴木 伸治

鈴木伸治

職名教授
所属常葉大学 保健医療学部 理学療法学科
研究分野整形外科学、体力医学、リハビリテーション医学、
運動学、アダプテッドスポーツ

学歴

旭川医科大学卒

教育歴(職歴)

1981年 旭川医大研修医
1982年 市立札幌病院レジデント
1983年 旭川医大整形外科医員
1984年 釧路労災病院医員
1985年 旭川赤十字病院医員
1987年 道立旭川肢体不自由児総合療育センター医長
1994年 伊豆医療福祉センター施設長
2005年 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所機能発達学部部長
                    教育福祉学部部長       
                   こばと学園診療部長
2014年9月1日より常葉大学保健医療学部理学療法学科教授

担当科目

リハビリテーション医学、運動学、整形外科学

資格

医師、医学博士、整形外科専門医、日整会スポーツ医、リハビリテーション専門医、英検1級、通訳案内士国家試験合格(英語)

論文

Terada K, Satonaka A, Terada Y, Suzuki N. Cardiorespiratory responses during wheelchair dance in bedridden individuals with severe athetospastic cerebral palsy.
Gazz Med Ital, 175:241-247, 2016.

Satonaka A, Suzuki N, Kawamra M.Aerobic fitness and skewness of frequency distribution of continuously measured heart rate in adults with brain injury.
Eur J Phys Rehab Med.50:535-541,2014.

Mabuchi A, Kitoh H,Inoue M, Hayashi M, Ishiguro N, Suzuki N. The biomechanical effect of the sensomotor insole on a pediatric intoeing gait.
ISRN Orthopedics.doi:10,5402/2012/39671,2012.

Satonaka A, Suzuki N, Kawamura M. Ratings of perceived exertion in adults with chronically physical challenges.
J Sports Med Fitness. 52:474-482,2012.

Satonaka A, Suzuki N, Kawamura M. Validity of submaximal exercise testing in adults with athetospastic cerebral palsy.
Arch Phys Med Rehab.93:485-489,2012.

Satonaka A Suzuki N, Kawamura M. The relationship between aerobic fitness and daily physical activities in nonathletic adults with athetospastic cerebral palsy.
Gazz Med Ital,170:103-112,2011.

Nonaka H, Mita K, Watakabe M, Akataki K, Suzuki N. Age-related changes in the interactive mobility of the hip and knee joint.
Gait & Posture, 15:236-243,2002.

Shinohara T, Suzuki N, Oba M, Kawasumi M, Mita K. Effect of exercise at AT point for children with cerebral palsy.
Bull Hosp Joint Dis, 61:63-67,2002.

Suzuki N, Oshimi Y, Shinohara T, Kawasumi M, Mita K. Exercise intensity based on heart rate while walking in spastic cerebral palsy.
Bull Hosp Joint Dis, 60:18-22, 2001.

Suzuki N, Shinohara T, Kimizuka M, Yamaguchi K, Mita K. Energy expenditure of diplegic ambulation using flexible ankle foot orthosis.
Bull Hosp Joint Dis, 59:76-80,2000.

Suzuki N, Mita K, Akataki K, Watakabe M, Okagawa T, Kimizuka M. Strain on gastrocnemii and hamstrings affecting standing balance on an inclined plane in spastic cerebral palsy.
Bull Hosp Joint Dis, 57:208-215,1998.

Kuno H, Suzuki N, Akataki K, Mita K, Yasubayashi M, Itoh M. Geometrical analysis of hip and knee joint mobility in cerebral palsied children.
Gait & Posture, 8:110-116,1998.

Suzuki N, Mishima R, Watakabe M, Mita K, Akataki K. Oxygen uptake in spastic cerebral palsy during normal gait and hydrotherapy gait.
J Orthop Surg,3:53-55,1995.

Suzuki N, Ando M, Gotoh E. Hip joint instability in a infant with paraplegia following aortic surgery.
Paraplegia, 28:406-409,1990.

著書

鈴木伸治.医療解説.評価プロセス・リハプログラム PT/OTリハ演習メソッド,(杉江秀雄監修) 診断と治療社,2016.

鈴木伸治,里中綾子,寺田恭子.運動生理学のエビデンスに基づく脳性麻痺リハビリテーション論.常葉大学保健医療学部紀要,7:1-15,2016.

鈴木伸治,三田勝己.「訓練装置などを用いる方法」歩行関連障害とリハビリテーションプログラム入門(窪田俊夫,大橋正洋,江原義弘編)医歯薬出版,1999.

Suzuki N, Onozawa T, Atsuta Y, Watakabe M, Miyatsu M, Takemitsu Y,
(eds,de Groot G, Hollander AP, Huijing P, Schenau GJVI)
Electromyographic study of patients with patella-femoral joint disorders using stairs.
International Series on Biomechanics IX-A, Free University Press, 1988

学外活動・学外職

  1. 愛知県心身障碍者コロニー発達障害研究所、名古屋大学、名古屋短期大学、名古屋経済大学、名古屋工業大学、旭川医大の研究者と共同研究を行っている
  2. 月刊「ダンスビュー」連載記事「Let’s ダンス」をグループで分担執筆している(連載中)。

所属学会

日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会、日本体力医学会

受賞・表彰

平成4年度北海道新聞社文化奨励金「冬用車いすの研究開発」

スポーツ実績・指導歴

第8回、第9回湧別原野オホーツク100kmクロスカントリースキー大会湧別原野コース(85km)完走