グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 保健医療学部  > 理学療法学科  > 青山 満喜

青山 満喜

職名准教授
所属常葉大学 保健医療学部 理学療法学科
学位文学修士、博士(医学)
研究分野老年学、転倒予防、介護予防


学歴

南山大学大学院文学研究科仏文学専攻 博士前期課程修了 文学修士
北京語言文化大学中医学進修班終了
北京中医薬大学大学院国際班終了
中部リハビリテーション専門学校卒業
名古屋大学大学院医学系研究科 健康社会医学専攻 発育・加齢医学講座
 老年科学博士課程修了 博士(医学)

教育歴(職歴)

中部大学技術・医療専門学校 理学療法学科 専任講師
日本医療福祉専門学校 理学療法学科 専任講師
伊勢志摩リハビリテーション専門学校 理学療法学科 専任講師
人間総合科学大学 人間学部 非常勤講師(卒業研究指導)
名古屋市役所福祉課(機能訓練指導)

大隈病院 リハビリテーション科
中日新聞社健康保険組合 中日病院 理学療法科
林整形外科 リハビリテーション(非常勤)
四軒家整形外科クリニック リハビリテーション科(非常勤)

担当科目

  • 人間力セミナー
  • 理学療法概論
  • 福祉用具と生活環境
  • リハビリテーション医学総論
  • リハビリテーション医学各論
  • 卒業研究 等

資格・免許

  • 理学療法士(生活環境支援系専門理学療法士)
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師
  • きゅう師
  • 文学修士
  • 博士(医学)
  • 華道師範

論文

  • L’Etranger de Camus

  • 「マルドロールの歌」にあらわれる海のイメージ―ロートレアモンにおける
    ロマン主義とそれ以降の文学の影響―(修士論文)

  • Physical and functional factors in activities of daily living that
    predict falls in community-dwelling older women.
    Geriatrics & Gerontology International 2011,Vol.11, Issue 3, pp348-357

  • 運動器不安定症とロコモティブシンドローム―加齢にともなう発症リスクの蓋然性とその名称統一に向けて―
    アンチ・エイジング医学 2012, Vol.8, No.3

  • 太極拳教室に参加した地域在住高齢者の血圧,心拍数とバランス機能の変化
    理学療法 第29巻,第10号,2012年10月

  • Muscle Strength of Lower Extremities Related to Incident Falls in Community-Dwelling Older Adults. J Gerontol Geriatr Res 2015, 4:2

著書

  • 「症状から学ぶ医療知識」 共著(中央法規出版株式会社)
  • 「患者の訴えからアプローチ!評価プロセス×治療プログラム PT/OTリハ演習メソッド」共著(診断と治療社)

学外活動・学外職

  • 名古屋大学大学院医学系研究科地域在宅医療学・老年科学 客員研究員
  • 高齢者施設「ケアの質」を考える会 ワーキンググループメンバー
  • 全国リハビリテーション学校協会 東海ブロック 教育部委員

受賞・表彰

  • 社団法人日本理学療法士協会会長賞
  • 日本赤十字社感謝状 2回(赤十字事業推進貢献)
  • 名古屋大学学術奨励賞 4回(平成19年度,20年度,21年度,22年度)
  • 第20回 国際老年医学会(International Association of Gerontology and Geriatrics)にてBest Poster Award受賞

所属学会

  • 日本理学療法士協会
  • 日本老年医学会
  • 高齢者施設「ケアの質」を考える会
  • 東海臨床リハビリテーション研究会

その他

  • 国内学会発表
  • 国際学会発表
  • 国際誌査読
  • 学会査読

メッセージ

リハビリテーションと理学療法について,学生時代にできるだけ多くのことを体験・経験し,自分の知識・技術と感性を磨いてください。
在学中には悩むこともあるかもしれません。その時は一緒に悩んで,考えましょう。
勉強のコツは「興味を持つ、好きになる、自分のペースで続けること」。
慌てず、急がず、着実に進みましょう。
たまには休むことも必要です。遊ぶときは思いっきり遊び、勉強するときはしっかり勉強する。メリハリをつけることが大切です。
理学療法士を目指して、一歩を踏み出しましょう。