グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 保健医療学部  > 作業療法学科  > 山田 英徳

山田 英徳

職名准教授
所属常葉大学 保健医療学部 作業療法学科
研究分野作業療法教育、作業療法評価と治療

学歴

国立療養所東名古屋病院付属リハビリテーション学院卒業
静岡大学工学部電気電子工学科卒業
放送大学大学院文化科学研究科教育開発プログラム修了
岐阜大学医学系研究科神経統御学講座スポーツ医科学分野満期退学

教育歴

2002年 常葉学園医療専門学校
2005年 藤田保健衛生大学衛生学部(現医療科学部)リハビリテーション学科講師
2008年 浜松大学保健医療学部作業療法学科准教授

資格

作業療法士

論文

  • 膝伸展動作での筋力調節能力の検討-等速性筋活動における主観的強度について-(修士学位論文2006)
  • 右利き健常者における箸操作パターンの利き手と非利き手の一致性について(作業療法1996)共著
  • 算術課題遂行が高齢者に及ぼす影響について(精神認知とOT 2006)単著
  • 新たな筋力トレーニング指標の検討-発揮筋力と主観的強度について-(放送大学大学院学生論文集2006)単著

担当経験のある科目

  • 作業療法評価学演習A,B,D
  • 身体障害作業療法評価学演習
  • 身体障害作業治療学
  • 運動学習理論

所属学協会

  • 日本作業療法士協会
  • 日本医学教育学会
  • 日本教育医学会

メッセージ

作業療法士になって約30年が経ちますが、30年前に比べるとリハビリテーションの領域も大きく変わりました。当時は病院主体の治療・訓練であったのが、今は地域へと作業療法士が出かけて治療・訓練を行っています。
私は、急性期から慢性期まで16年間、医療機関にお世話になり、作業療法士としての知識・技術・態度を身につけることができました。常葉大学では、そこで培った知識・技術・態度を講義の場、実習の場に活かせることができればと考えています。「常葉大学保健医療学部で学んで良かった」と学生さんに言ってもらえるような、そんな教育を目指しています。