グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 保健医療学部  > 作業療法学科  > 中村 俊彦

中村 俊彦

職名准教授
所属常葉大学 保健医療学部 作業療法学科
学位修士(社会福祉学)
研究分野  障害者の就労支援における作業療法士の役割に関する研究
基礎作業学演習(作業分析、動作分析)
手の機能障害および装具療法の教育について
障害者の生活実態調査

学歴

長崎県立諫早高等学校卒業
国立療養所東名古屋病院附属リハビリテーション学院作業療法学科卒業
産業能率大学経営情報学部経営情報学科卒業
日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了

教育歴(職歴)

<常勤>
 1989年~1997年 日本赤十字社 浜松リハビリテーションセンター
 1998年~2007年 常葉学園医療専門学校
 2008年~   浜松大学
 2013年~   常葉大学・浜松大学 

<非常勤>
 1992年~1997年 浜松市保健所 地域リハビリ教室
 1998年~2010年 社会福祉法人 天竜厚生会(介護老人保健施設、障害者施設等)
 2000年     介護老人保健施設 エバーグリーン掛川

<短期大学 非常勤講師>
 2003年~2007年 常葉学園短期大学 音楽科(障害学・リハビリテーション論)

<高等学校>非常勤講師>
 2004年~2007年 静岡県立三ケ日高等学校 福祉コース

<臨床実習指導>
 1991年~1996年 国立療養所東名古屋病院附属リハビリテーション学院
 1991年~1995年 名古屋大学医療技術短期大学部
 1994年~1996年 岡山医療健康科学専門学校
 1996年~1997年 常葉学園医療専門学校

資格

  • 作業療法士 免許
  • 修士(社会福祉学)

著書

  • 岩瀬義昭、中村俊彦他:作業療法学全書 改訂第3版 作業療法技術学4 職業関連活動、協同医書出版、2009.4
  • PT/OTリハ演習メソッド,診断と治療社,2016 分担執筆
  • 作業療法マニュアル60 知的障害や発達障害のある人への就労支援,日本作業療法士協会,2016 分担執筆

論文

(2002以降の主なものを記載)
  1. 峰野和仁、中村俊彦、遠藤浩之、知的障害者の就労支援の実際、作業療法ジャーナル、36巻4号、301-306、2002
  2. 峰野和仁、中村俊彦、遠藤浩之、菅沼美和、山本有紀、知的障害者と加齢、作業療法ジャーナル、36巻7号、911-915、2002.
  3. 村岡健史、遠藤浩之、山田英徳、中村俊彦、徒手筋力検査の判断基準~学生の判断基準とその傾向~、第15回静岡県作業療法学会学会誌、2002.
  4. 中村俊彦、遠藤浩之、山田英徳、小笠原紀子、高林俊光、高等学校福祉コース生徒の職業準備性、第17回静岡県作業療法学会学会誌、2004.
  5. 中村俊彦、遠藤浩之、小笠原紀子、大星有美、村岡健史、成人脳性麻痺者の就労の実際(第一報)、第5回東海北陸作業療法学会学会誌、2005.
  6. 大星有美、中村俊彦、遠藤浩之、小笠原紀子、村岡健史、基礎作業学実習にみる学生の意識変化、第5回東海北陸作業療法学会学会誌、2005.
  7. 中村俊彦、知的障害者の就労支援において作業療法士が果たす役割に関する研究、(修士学位論文)、日本福祉大学大学院社会福祉学研究科、2006.
  8. 鈴木小夜子、中村俊彦、地域リハビリテーション論における実技、介護体験の導入~介護体験が学生に及ぼす影響~、第40回日本作業療法学会誌、2006.
  9. 中村俊彦、遠藤浩之他、成人脳性麻痺者の就労の実際(第二報)、第6回東海北陸作業療法学会学会誌、2006.
  10. 峰野 和仁・中村 俊彦、作業療法士と就労支援~障害福祉サービス事業所における就労支援の実際~、第21回静岡県作業療法学会学会誌、2008
  11. 中村俊彦・片桐有紀他:実践―成人期における福祉施設での作業療法、OTジャーナル43(5):439-443、2009.
  12. 中村俊彦:ハローワークとの連携、OTジャーナル6月増刊号、三輪書店、2009
  13. 中村俊彦,浜松市障害者就労支援シンポジウム2010参加報告.職リハ通信「TUBE」(60):5-6,2010.(報告)
  14. 中村俊彦、山田英徳、木工作業(鋸引き)の治療的効果を学生はどのように感じたか~作業分析用語における基礎医学的視点の検討~、保健医療学部紀要(浜松大学)、第2巻(1)、33-37、2011.
  15. 中村俊彦、山田英徳、基礎作業学演習における作業分析の傾向-釘打ち作業の分析を例にー、保健医療学部紀要(浜松大学)、第3巻(1)、2012
  16. 中村俊彦、渡邊雅行、峰野和仁、桑原 望、浜松フルーツミュージアム KuRuMix in HAMAMATSU」発進! 6次産業化にみる就労支援の新たなモデル、OTジャーナル46(5):484-485、2012.
  17. 中村俊彦、太田英未、入所型施設における障害者の生活実態に関する調査研究 ―作業療法士の役割に着目して―、保健医療学部紀要(浜松大学)、第4巻(1)、2013.
  18. 中村俊彦、基礎作業学演習における専門用語説明の有効なタイミングに関する考察—釘打ち動作の作業分析をとおして, 常葉大学保健医療学部紀要5(1):47-51.2014
  19. 喜多川 真理子、片桐 有紀、中村 俊彦、重度心身障害者への福祉機器導入の可能性—視線入力装置が周囲の環境に与えた影響—、第14回東海北陸作業療法学会学会誌、2014.

担当科目

  • 基礎作業学
  • 基礎作業学演習
  • 就労支援作業療法学
  • 装具作業療法学
  • 動作分析学演習
  • 人間力セミナー
  • 臨床実習
  • 卒業研究 等

※日常生活活動学
 職業関連作業療法学 等(浜松大学)

所属学協会

  • 日本作業療法士協会
  • 静岡県作業療法士会
  • 日本職業リハビリテーション学会
  • 作業療法就労支援研究会

学外活動

  • 作業療法就労支援研究会 発起人(2007)
  • 作業療法就労支援研究会 浜松研修会実行委員長(2008)
  • 作業療法就労支援研究会 事務局長(2011~)
  • 浜松市障害者計画市民会議身体障害者委員会 副委員長(2007)
  • 日本職業リハビリテーション学会 第39回(愛知)大会 実行委員(2011)
  • 日本職業リハビリテーション学会 第40回(熊本)大会自主ワークショップ企画(作業療法就労支援)責任者(2012)
  • Emiko Kikuchi ,Hitomi Sakai ,Toshihiko Nakamura ,Miyuki Minato ,Naomi Kaji , Occupational TherapyCompetency in Employment Support for Persons with Disabilities, WFOT2014, 2014.6, yokohama.

学外職

社会福祉法人復泉会 評議員(2009~)
静岡県立気賀高等学校 学校評議員(2011〜2014)

メッセージ

 私は、野球が盛んな地域に生まれ、兄が高校球児、向かいのおじさんが元プロ野球投手という環境の中で、物ごころついた頃には野球ボールを握っていました。「野球」という我が家のDNAは息子に受け継がれており、私のQOLを高めてくれています。仕事と趣味のバランスはとても大事だと実感しています。
若い頃、勤務していた医療機関では肩疾患の治療を専門とする新進気鋭の整形外科医に日夜、厳しい指導を受け、中学~社会人野球選手の故障をはじめとする肩疾患患者の手術前後のリハビリテーションに臨床検査技師、診療放射線技師とともに深く関わる機会がありました。この時期に叩きこまれた上肢の運動学は財産になっていますし、多くの手術見学は勉強になりました。
 医療機関勤務時代は、整形外科疾患や脳血管障害、関節リウマチなどの患者さんのリハビリに加え、中学生以上の脳性麻痺などの障害児に関わる機会もありました。彼らの成人後の生活を考えた場合、就労が大きな目標になります。製造業が盛んな浜松市では障害者就労に理解のある大企業もあり、特例子会社や大手精密製造業の工場において、障害者就労のアドバイザーとして関わる経験ができました。おかげさまで現在も、さまざまな形で障害者の就労支援に関わる機会に恵まれています。
 作業療法士は人生の成功も失敗も含めて多くの経験が、患者さんに接する際にたいへん役立つ職業です。学生時代は、多くの知識を吸収し、経験を積み、仲間を作る絶好の場です。皆さん、リハビリテーション医療の専門職として患者さんの生活の再構築に貢献できるよう、ともに学びましょう。

その他

作業療法学科学生の有志による手工芸サークル 顧問