グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 保健医療学部  > 作業療法学科  > 河合 正好

河合 正好

職名教授/作業療法学科長
所属常葉大学 保健医療学部 作業療法学科
研究分野精神医学(Psychiatry)、認知心理学(Cognitive Psychology)
社会精神医学(Social Psychiatry)
司法精神医学(Forensic Psychiatry)

学歴

浜松医科大学医学部医学科 卒業

経歴

1990年7月 浜松医科大学医学部付属病院
1991年6月 朝山病院
1996年7月 浜松医科大学医学部精神神経医学 助手
2006年11月 浜松医科大学医学部精神神経医学 講師
2009年4月 現職

教育歴

浜松医科大学医学部精神神経医学 講師

著書

  • 橋本 久邦、河合 正好:不安障害、器官別 病態生理と治療薬第2版、中島光好監修、橋本 久邦編集 じほう、41-62、2006
  • Have recent studies of the seasonality of birth in schizophrenia added to our knowledge of the disease? Infection and Psychiatric Disorder, eds. Fatemi SH, Machon RA Taylor & Francis, 2005.a

資格

  • 医師
  • 医学博士精神保健指定医
  • 精神神経学会認定医
  • 精神保健判定医

論文

  • Ezaki N, Nakamura K, Sekine Y, Thanseem I, Anitha A, Iwata Y, Kawai M, Takebayashi K, Suzuki K, Takei N, Iyo M, Inada T, Iwata N, Harano M, Komiyama T, Yamada M, Sora I, Ujike H, Mori N. Short allele of 5-HTTLPR as a risk factor for the development of psychosis in Japanese methamphetamine abusers. Ann N Y Acad Sci. 2008;1139:49-56.

  • Iwata Y, Tsuchiya KJ, Mikawa S, Nakamura K, Takai Y, Suda S, Sekine Y, Suzuki K, Kawai M, Sugihara G, Matsuzaki H, Hashimoto K, Tsujii M, Sugiyama T, Takei N, Mori N. Serum levels of P-selectin in men with high-functioning autism. Br J Psychiatry. 2008;193(4):338-9.

  • Tsuchiya KJ, Matsumoto K, Miyachi T, Tsujii M, Nakamura K, Takagai S, Kawai M, Yagi A, Iwaki K, Suda S, Sugihara G, Iwata Y, Matsuzaki H, Sekine Y, Suzuki K, Sugiyama T, Mori N, Takei N. Paternal age at birth and high-functioning autistic-spectrum disorder in offspring. Br J Psychiatry. 2008;193(4):316-21.

  • Nakamura K, Anitha A, Yamada K, Tsujii M, Iwayama Y, Hattori E, Toyota T, Suda S, Takei N, Iwata Y, Suzuki K, Matsuzaki H, Kawai M, Sekine Y, Tsuchiya KJ, Sugihara G, Ouchi Y, Sugiyama T, Yoshikawa T, Mori N. Genetic and expression analyses reveal elevated expression of syntaxin 1A ( STX1A) in high functioning autism. Int J Neuropsychopharmacol. 2008;11(8):1073-84.

  • Sekine Y, Ouchi Y, Sugihara G, Takei N, Yoshikawa E, Nakamura K, Iwata Y, Tsuchiya KJ, Suda S, Suzuki K, Kawai M, Takebayashi K, Yamamoto S, Matsuzaki H, Ueki T, Mori N, Gold MS, Cadet JL. Methamphetamine causes microglial activation in the brains of human abusers. J Neurosci. 2008 ;28(22):5756-61.

  • Anitha A, Nakamura K, Yamada K, Suda S, Thanseem I, Tsujii M, Iwayama Y, Hattori E, Toyota T, Miyachi T, Iwata Y, Suzuki K, Matsuzaki H, Kawai M, Sekine Y, Tsuchiya K, Sugihara G, Ouchi Y, Sugiyama T, Koizumi K, Higashida H, Takei N, Yoshikawa T, Mori N, Genetic analyses of roundabout (ROBO) axon guidance receptors in autism. Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet. 2008;147B(7):1019-27.

  • Suzuki K, Nakamura K, Iwata Y, Sekine Y, Kawai M, Sugihara G, Tsuchiya KJ, Suda S, Matsuzaki H, Takei N, Hashimoto K, Mori N. Decreased expression of reelin receptor VLDLR in peripheral lymphocytes of drug-naive schizophrenic patients. Schizophr Res. 2008;98(1-3):148-56.

  • Anitha A, Nakamura K, Yamada K, Iwayama Y, Toyota T, Takei N, Iwata Y, Suzuki K, Sekine Y, Matsuzaki H, Kawai M, Miyoshi K, Katayama T, Matsuzaki S, Baba K, Honda A, Hattori T, Shimizu S, Kumamoto N, Tohyama M, Yoshikawa T, Mori N. Gene and expression analyses reveal enhanced expression of pericentrin 2 (PCNT2) in bipolar disorder. Biol Psychiatry. 2008;63(7):678-85.

担当経験のある科目

  • 精神医学
  • 医療基礎セミナー

所属学協会

日本精神神経学会、日本生物学的精神神経学会、日本脳科学会

学外職

  • 静岡県精神障害者自立促進協議会 会長
  • 静岡県サイコオンコロジー研究会 副会長
  • 静岡県こどもの精神保健フォーラム 事務局長

メッセージ

現在、精神科の患者さんは増えています。食文化が豊かになるとともに摂食障害が起こり、長寿社会はアルツハイマーや認知症を増やし、社会構造が複雑になり色々なストレスが強まった結果PTSDが起こってきました。明らかに、しかも膨大な数で精神科の患者が増えています。従って、これからの医療においては精神疾患の理解が欠かせません。保健医療学部では、精神医学の正しい知識を身につけ、将来、医療人として地域社会で活躍する人材の育成を目指します。皆さんの熱意に期待しています。