グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 保育学部  > 保育学科  > 石山 ゐづ美

石山 ゐづ美

職名教授
所属常葉大学 保育学部 保育学科
学位博士(医科学)、修士(教育学)、家政学士
研究分野社会医学(子どもをめぐる生命倫理)

教育歴(職歴)

山梨県立高等学校教諭
山梨大学/山梨県立女子短期大学/山梨学院短期大学/身延山大学/帝京短期大学非常勤講師
帝京学園短期大学保育科准教授

担当科目

  • 乳児保育
  • 保育内容総論Ⅰ
  • 児童家庭福祉
  • 保育実践演習
  • 保育実習指導Ⅰ(施設)
  • 人間力セミナー
  • ゼミナールⅠ

資格・免許

  • 中学校教諭専修免許(家庭)
  • 高等学校教諭専修免許(家庭)
  • 博物館学芸員資格
  • 花芸安達流教授資格
  • 茶道表千家地方講師免許

論文

  • 中学生のレジリエンスと家族コミュニケーションの関連 (2015) 日本家庭科教育学会誌57(4), 283-289.
  • Ethical guideline, law and people’s opinion toward informed consent/assent of minors participate in medical studiea in Japan (2015) 帝京学園短期大学研究紀要19, 99-107.
  • Informed assent of children in medical research: A comparison of official guidelines (2013) 帝京学園短期大学研究紀要18, 21-39.
  • Public attitudes to the promotion of genomic crop studies in Japan: Correlations between genomic literacy, trust, and favourable attitude (2012) Public Understanding of Science 21(4), 495-512.
  • Public attitudes toward genetic testing for children:
  • assessment based on Tree-Component Model (2011) 帝京学園短期大学研究紀要17, 49-62.
  • Public's attitudinal trend toward genomic studies applied to crops and genetically modified food products in Japan (2010) The Journal of Asian Regional Association for Home Economics 17(2), 40-50.
  • 子どもの遺伝学的検査に関する一般市民の意識と保育科学生の意識との比較 (2009) 帝京学園短期大学研究紀要16, 1-10.
  • Relationship between public attitudes toward genomic studies related to medicine and their level of genomic literacy in Japan (2008) American Journal of Medical Genetics Part A 146A, 1696-1706.

学外活動・学外職

  • 山梨大学医学部倫理委員会/遺伝子解析研究に関する専門委員会/医学部附属病院における医療行為の倫理に関する専門委員会委員 (2013-現在)
  • 大学コンソーシアムやまなし県民コミュニティーカレッジ部会委員 (2008-2015)
  • UTYテレビ山梨番組審議会委員 (2005-2014)

所属学会

  • 日本小児保健協会
  • 日本家政学会
  • The British Sociological Association
  • Asian Regional Association for Home Economics

競争的資金による研究課題

  • 研究代表者:科学研究費助成事業;基盤研究(C)「医学研究に参加する子どものインフォームド・アセントに関する研究」(2013-2016)
  • 研究代表者:日本家庭科教育学会;課題研究「自立する力を育てる家庭科授業用プログラムの開発―自立する力の獲得を子どもの権利として捉える試みー」(2012-2014)
  • 研究分担者:日本学術振興会科学研究費助成事業;挑戦的萌芽研究「遺伝子組換え技術の社会的利用に対する高校生の態度と影響因子に関する調査研究」(2011-2014)
  • 連携研究者:文部科学省科学研究費助成事業;特定領域研究「ゲノム」「ゲノム科学に対する一般市民、患者、研究者の意識に関する研究」(2005-2010)