グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 造形学部  > 造形学科  > 夏池 篤

夏池 篤

職名教授
所属常葉大学 造形学部 造形学科
学位修士
研究分野彫刻、立体造形、メディア表現、現代美術

経歴

1983年~1991年 常葉学園短期大学講師
1986年 愛知県立芸術大学非常勤講師
1992年~2005年 常葉学園短期大学助教授
2004年 愛知県立芸術大学非常勤講師
2006年 常葉学園大学教授

学歴

1977年 静岡大学 教育学部 美術科
1980年 愛知県立芸術大学大学院 美術研究科 彫刻専攻

学外活動・学外職

2017年4月~12月 かけがわ茶エンナーレ地域ディレクター
2010年1月~2018年1月 第57~65回浜松市民芸術祭彫刻部門 審査員
2007、2008、2011、2014年静岡アートドキュメント実行委員会 代表
2002年10月 藤枝市芸術祭造形部門 審査員
1994年4月~現在 国画会 会員

受賞

2014年 地域文化活動奨励賞 静岡アートドキュメント実行委員会(代表 夏池篤)
1991年  静岡県文化奨励賞<団体>(A-value実行委員会)
1980年  愛知県知事賞/中部読売展

論文

  • 続・木の造形-学生たちによる木を素材とした造形表現 (共著)常葉大学造形学部紀要第16号2017年
  • 表現におけるコンセプトに重点を置いた造形教育 (共著)常葉大学造形学部紀要第16号 2017年
  • 彫塑教育における指導の要点と内容の工夫  (共著)常葉大学造形学部紀要第15号 2017年
  • アルミ鋳造による造形表現、その応用と展開 (単著)常葉大学造形学部紀要第14号 2016年
  • 場所がキーワードになった立体作品 (単著) 常葉学園大学造形学部研究紀要 第1号 2002年
  • 木の造形 (単著) 常葉学園短期大学紀要 31号 2000年
  • 環境と造形 (単著) 常葉学園短期大学紀要 第29号 1998年

研究業績(論文・解説)

  • 光を造形要素として取り入れた立体作品 夏池篤 常葉大学造形学部紀要第16号 29-32 2017/12/
  • 地軸体 / 地殻体  夏池篤 常葉大学造形学部紀要第15号 5-7 2017/2/
  • 森の呼吸 夏池篤 常葉大学造形学部紀要第14号 5-6 2016/3/
  • Twins 夏池 篤 常葉学園大学紀要 (13) 5-6 2015年3月
  • 食のオベリスク 夏池 篤 常葉学園大学紀要 (12) 7-8 2014年3月
  • アートトリップ2013夏池 篤常葉大学造形学部紀要 (12) 41-55 2014年3月
  • 時間の雨 夏池 篤 常葉学園大学紀要 (11) 5-6 2013年3月
  • 静岡アートドキュメント2011 夏池 篤 常葉学園大学紀要 (11) 99-121 2013年3月
  • Lightning Trace / 水辺の生物 夏池 篤 常葉学園大学造形学部紀要 (10) 11-12 2012年2月
  • 日泰交流展 夏池 篤 、山田志麻子 常葉学園大学造形学部紀要 (10) 95-103 2012年2月
  • 静岡アートドキュメント2008 夏池 篤、杉田達哉、土屋和男、乾久子 常葉学園大学造形学部紀要 (8号) 93-126 2010年
  • LIFE CLOCK シリーズ 夏池 篤 常葉学園大学造形学部紀要 (8号) 21-22 2010年
  • 存在シリーズ 夏池 篤 常葉学園大学造形学部紀要 (8号) pp-19-20 2010年
  • 記憶の音 夏池 篤 常葉学園大学造形学部紀要 (8号) 17-18 2010年
  • いのちのかたち / こころの風景 夏池 篤 常葉学園大学造形学部紀要 (7号) 11-13 2009年
  • 言葉の庭 夏池 篤 常葉学園大学造形学部紀要 (第6号) 7-8 2008年
  • ナーメディ城野外美術展2005 夏池篤、永沼直孝 常葉学園大学造形学部紀要 (第5号) 79-86 2007年
  • 地球を回し続けろ 夏池篤 常葉学園大学造形学部紀要 (第5号) 2007年
  • 静岡アートドキュメント2007 夏池篤、杉田達哉、蜂谷充志、土屋和男 常葉学園大学造形学部紀要 (第6号) 71-86 2006年
  • Japan Thailand Sculpture Symposium in Chiang Mai 夏池篤、Pongdej Chaiyaku、今井瑾郎、浜坂渉 他 常葉学園大学造形学部紀要 (第4号) 61-80 2006年
  • 線香を立てよ 夏池篤 常葉学園大学造形学部紀要 第4巻(第4号) 5-6 2006年
  • 平和のためのグローブ 夏池篤 常葉学園大学造形学部紀要No.3 (第3号) 13-14 2005年
  • 寄生する彫刻-Figure / 寄生する彫刻-Timber 常葉学園大学造形学部研究紀要 (大学・研究所等紀要、2003) 第2巻/第2号pp.7-8 2003年

講演・口頭発表等

  • 文化財とは [招待有り] 特別シンポジウム パネラー 静岡県立美術館 主催:西山美術館 2016年8月
  • だれのための芸術か?[招待有り] シンポジウム/パネルディスカッション パネラー 主催 貫井図書館/アートラボ 協力 西山美術館 2015年12月
  • 万葉の森と現代アート [招待有り] 夏池 篤 浜松万葉の森公園 2006年7月
  • 自作を紹介するセミナー [招待有り] 夏池 篤 タイ・日彫刻シンポジウム 2005年1月
  • 造形はアート&デザイン [招待有り] 夏池 篤 地域産業講演会 2002年3月
  • 木の造形-古代から現代まで- [招待有り] 夏池 篤 天竜市文化協会主催講演会 2000年5月
  • 日本の木と彫刻 [招待有り] 夏池 篤 遍在する波動展におけるマニラメトロポリタン美術館企画講演会 1994年7月

担当科目

  • 立体造形表現<彫塑)>
  • 立体メディア表現A<木の造形>
  • 立体メディア表現B<ガラスの造形>
  • 立体メディア表現C<金属の造形(溶接、鋳造)>
  • 空間メディア表現A<プラスチック等による複製表現>
  • 空間メディア表現B<複合メディア表現>
  • 空間メディア表現D<環境造形表現>
  • メディア表現<音の造形>
  • 現代美術概論
  • 表現課題演習
  • 卒業制作

所属学協会

国画会

Works

  • 森のコースター2 芸術活動 川根温泉笹間渡駅 2018年3月 unmanned展において森の動物と旅する想定で8m全長25mの木製の路線とトロッコを制作発表 
  • 生命の核 芸術活動 掛川日坂の宿 2017年10、11月 かけがわ茶エンナーレにおいて茶の木とプログラムされ点滅するLED蛍光灯による作品を発表
  • 国境 芸術活動 アートカゲヤマ画廊 2017年10月 国境をテーマとしテーピングされた枠内を動き回るロボットを配した作品を発表。
  • 光る惑星 芸術活動 新国立美術館 2017年5月 球体にまとめられた蔦とプログラムされたタイミングでけたたましく点滅するLED蛍光管による作品を発表
  • 寄生灯 芸術活動 東京都美術館 2016年11月 樹の丸太に曲げた蛍光灯を絡ませ点灯した作品を発表
  • 地殻体 芸術活動 新国立美術館 2016年5月 アルミ鋳造の作品内部の鏡の上でアルミ製のコマが回転し、その回転に合わせてledが点滅し迷宮のような空間が広がる作品を発表
  • 「地軸体」芸術活動 2015年11月 東京都美術館 石を割って内部の空洞を設け、そこに電磁石の作用で回転し続けるアルミニウムのコマを配置した作品を発表
  • 呼吸・あの頃  芸術活動 2015年10月 アートカゲヤマギャラリー モビールの原理を使って吊るされた扇風機6台によるランダムな風で、天井に吊るされた障子を動かし、そこからつながるパイプが自動演奏する作品発表
  • 重力加速物体 芸術活動 2015年5月 新国立美術館 上部の鋳造作品から吊り下げられた石(永久磁石の埋め込まれたもの)が電磁石の影響で振り子のように動き続ける作品を発表
  • 森の呼吸 夏池 篤 芸術活動 2014年11月 - 2014年12月
  • 第4回となる静岡アートドキュメント2014を企画と作品展示を行った。出品作品は森を流れる風を受けたうちわ上のオブジェがパイプの中に空気を送り込み、音を発する作品「森の呼吸」を発表
  • Hexagon 12 夏池 篤 芸術活動 2014年11月
  • 国画会彫刻部における実験的作品発表の場である秋季展に軟性発泡剤による鋳造作品「hexagon12」を発表
  • Twins 夏池 篤 芸術活動 2014年5月
  • ムシ型のロボット彫刻が鑑賞者に反応し、サークル内を這いずり回る作品「Twins]を発表
  • 時間の雨(器) 夏池 篤 芸術活動 2014年1月 - 2014年2月
  • 天井に吊られたビデオテープが延々と下のガラスの容器の中に伸びていき、またカセットに戻っていくことを繰り返す作品。
  • 食のオべリスク 夏池 篤 芸術活動 2013年10月
  • 回転するテーブルの上に鑑賞者に紙コップを積み上げてもらう作品。その部分をビデオカメラで撮影、同時に投影し、錯綜する空間を構成したもの。
  • F-Cloud 夏池 篤 芸術活動 2013年8月 - 2013年9月
  • 富士山世界衣団登録を記念したイベントにおいて、100個の風船の中にLEDを入れ富士山の形に構成、センサーとの距離により夕日が山を染めるようにLEDが移動点灯する作品。
  • 石_紙 夏池 篤 芸術活動 2013年4月 - 2013年5月
  • 紙で支えられた石が、鑑賞者との距離により方向、速度を変えて回転する作品
  • identity 夏池 篤 芸術活動 2013年1月 - 2013年2月 木を解体しその一部をステッピングモーターで回転させた作品
  • ペルソナ 夏池 篤 芸術活動 2012年10月 - 2012年11月 高さ200cm、直径20cmの紙管を紙でロールし、その上にFRPで型取りした石を載せた作品。(石は風の力で回転する)
  • Airplane 2 夏池 篤 芸術活動 2012年10月 - 2012年11月 軟性発砲シートを縫い合わせて作られた原型をアルミ鋳造した作品
  • 時間の雨_North Korea 夏池 篤 芸術活動 2012年5月 - 2012年5月 北朝鮮の国土を形取った鉄棒のフレームにヴィデオテープ20本を吊るしICでコントロールした低速モータにより延々とテープ吐き出し、また巻き戻す作品
  • 時間の柱 夏池 篤 芸術活動 2012年4月 - 2012年5月 ビデオテープ8本をICで低速モータの駆動をコントロールし延々と吐き出し、また巻き戻す作品
  • LIFE Clock 夏池 篤 芸術活動 2012年1月 - 2012年2月 国の出生人口と死亡人口をLEDをICでコントロールし視覚的に表した作品
  • <金谷ー舞台芸術公園>往復便 夏池 篤 芸術活動 2011年12月 - 2011年12月 静岡空港立木を使った木製飛行機(2m×6m×6m)を野外劇場舞台に吊し、プロジェクタで金谷ー舞台芸術公間のフライトシミュレーションを投影した作品[静岡県舞台芸術公園野外劇場]静岡アートドキュメント2011
  • 生命の時計_日本 夏池 篤 芸術活動 2011年9月 - 2011年10月 日本の出生人口と死亡人口をLEDをICでコントロールし視覚的に表した作品[豊田市美術館]国展試み展
  • 時間の雨 夏池 篤 芸術活動 2011年9月 - 2011年9月 カセットテープ50本を低速モータで駆動し延々と吐き出されるテープに3台のプロジェクターにより東海道五十三次の雨の場面を重ねた作品[ギャラリーアートカゲヤマ]個展
  • 水辺の生物 夏池 篤 芸術活動 2011年6月 - 2011年7月 博物館中庭の池に50個の水を噴き上げるフローティングオブジェクトを浮かべた。作品はコンプレッサーの圧力を電磁弁で制御した作品[フェルケール博物館ギャラリー]個展
  • 光の軌跡 夏池 篤 芸術活動 2011年4月 - 2011年5月 有機ELシートで8台のトラックを作り、ICにより発光スピードをコントロールした作品「国立新美術館」第85回国展
  • 飛行機[ art exhibition] 夏池 篤 芸術活動 2011年1月 - 2011年2月 発泡素材を原型にアルミ鋳造された飛行機、、ぐにゃりと曲がった形態は、戦闘のための道具から全く反対のイメージを喚起させる。
  • 存在4/国展静岡2010(静岡県立美術館) 芸術活動 2010年
  • LIFE CLOCK_THAILAND/日泰交流展(ギャラリーcave) 芸術活動 2010年
  • from PRINTER/日泰交流展(ギャラリーcave) 芸術活動 2010年
  • 存在3/第84回国展(国立新美術館) 芸術活動 2010年
  • sewing2/ART EXHIBITION 2010 (ギャラリー江崎) 芸術活動 2010年
  • LIFE CLOCK_INDIA/夏池篤展(アートカゲヤマ画廊) 芸術活動 2009年
  • LIFE CLOCK_CHINA/夏池篤展(アートカゲヤマ画廊) 芸術活動 2009年
  • LIFE CLOCK_RUSSIA/夏池篤展(アートカゲヤマ画廊) 芸術活動 2009年
  • LIFE CLOCK_USA/夏池篤展(アートカゲヤマ画廊) 芸術活動 2009年
  • LIFE CLOCK_FRANCE/夏池篤展(アートカゲヤマ画廊) 芸術活動 2009年
  • LIFE CLOCK_JAPAN/夏池篤展(アートカゲヤマ画廊) 芸術活動 2009年
  • 存在シリーズ/夏池篤展(アートカゲヤマ画廊) 芸術活動 2009年
  • こころの風景2/タッチ・ザ・アート展(秋野不矩美術館) 芸術活動 2009年
  • 記憶の音/105人の時間展(グランシップ前芝生) 芸術活動 2009年
  • 存在1/第83回国展(新国立美術館) 芸術活動 2009年
  • Sewing Triangle/第32回国画会彫刻部の試み展(東京都美術館) 芸術活動 2008年
  • 時を編む(静岡編)/静岡アートドキュメント2008(駿府公園) 芸術活動 2008年
  • 「時を編む(金谷編)/金谷ワークショップ(金谷町公民館)「みんくる」屋上 芸術活動 2008年
  • いのちのかたち5/第82回国展(新国立美術館) 芸術活動 2008年
  • いのちのかたち4/国画会彫刻部試み展巡回展(豊田市美術館) 芸術活動 2008年
  • いのちのかたち3/ART EXHIBITION 2008(江崎画廊) 芸術活動 2008年
  • いのちのかたち2/第31回国画会彫刻部の試み展(東京都美術館) 芸術活動 2007年
  • こころの風景/夏池篤展(アートカゲヤマ画廊) 芸術活動 2007年
  • いのちのかたち/夏池篤展(アートカゲヤマ画廊) 芸術活動 2007年
  • 言葉の庭/夏池篤展(アートカゲヤマ画廊) 芸術活動 2007年
  • 対局≪王のように考え、奴隷のように働く≫/静岡アートドキュメント2007(静岡市青葉公園) 芸術活動 2007年
  • Circulator/第30回国画会彫刻部秋季展(洋協アートホール・東京) 芸術活動 2006年
  • 言葉流し/万葉の森と現代アート(万葉の森公園) 芸術活動 2006年
  • 「時の層2」万葉の森と現代アート(万葉の森公園) 芸術活動 2006年
  • 「対なる金魚」Art Exhibition 2006(ギャラリー江崎) 芸術活動 2006年
  • 「寄生する彫刻-color」岐部琢美 夏池篤 展(ギャラリーCAVE) 芸術活動 2006年
  • 「発光石」岐部琢美 夏池篤 展(ギャラリーCAVE) 芸術活動 2006年
  • 「対峙」第29回国画会彫刻部秋季展(洋協アートホール・東京) 芸術活動 2005年
  • 「Keep Rolling The Earth 2」夏池篤 海野光弘二人展(島田博物館分館) 芸術活動 2005年
  • 「Keep Rolling The Earth」BURG NAMEDY KUNST IM PARK 2005 (ナメディ城公園-ドイツ) 芸術活動 2005年
  • 「記憶の雨」5つに記憶と距離展(富士芸術村) 芸術活動 2005年
  • 「6 WORLDS」第79回国展(東京都美術館) 芸術活動 2005年
  • 「Put a Incense Stick」日本タイ彫刻シンポジウム(チェンマイ大学美術ギャラリー) 芸術活動 2005年
  • 過剰防衛(彫刻と映像からなる鑑賞者参加型の作品)アートガケヤマ 芸術活動 2004年
  • 「環流」国画会彫刻部秋季展<洋協ホール>国画会彫刻部秋季巡回展<豊田市美術館> 芸術活動 2004年
  • 「the 6 seas」CAVE展(ギャラリーCAVE) 芸術活動 2004年
  • 平和のためのグローブ(アルミニウムと大理石からなる鑑賞者参加型の彫刻)国展、東京都美術館 芸術活動 2004年
  • 「SEWING」国画会彫刻部秋季展(洋協ホール) 芸術活動 2003年
  • 寄生する彫刻-面接/国展(東京都美術館) 芸術活動 2003年
  • 脈動(積層されたステンレス板の間に石をはめ込んだ立体作品)第20回現代日本彫刻展宇部市野外彫刻美術館<模型> 芸術活動 2003年

競争的資金等の研究課題

  • コンピューターを利用した彫刻に関する研究 その他の研究制度 研究期間: 2002年
  • アルミ鋳造による立体作品の可能性について その他の研究制度 研究期間: 1989年
  • 鑑賞者参加型の立体作品の研究 その他の研究制度 研究期間: 1999年
  • デジタル装置を使った彫刻表現に関する研究 その他の研究制度 研究期間: 2004年

その他

  • 2017年 10月~12月 しずおか中部連携中枢都市圏地域課題解決事業 島田市中心市街地活性化に向けた、「おび通り」の活用
  • 2014年12月 静岡アートドキュメント2014企画、ふじのくに文化芸術振興補助金取得、公益財団法人朝日新聞文化財団助成金取得
  • 2013年7~9月 富士山世界文化遺産登録記念アートイベント事業委託
    静岡から袋井までのアトリエ11か所を公開するイベント「アートトリップ2013」企画
  • 2011年12月 静岡アートドキュメント2011企画 静岡市文化振興財団助成金取得、ふじのくに文化芸術振興補助金取得
  • 2008年11月 静岡アートドキュメント2008企画 静岡市文化振興財団助成金取得
  • 2007年1月 静岡アートドキュメント2007企画 静岡市文化振興財団助成金取得