グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員広場

ホーム  > 教員広場  > タイで重度身体障害者の身体活動に関する現地調査と車いすダンスによる国際交流を行いました/鈴木伸治教授

タイで重度身体障害者の身体活動に関する現地調査と車いすダンスによる国際交流を行いました/鈴木伸治教授

2月20日(火曜日)、21日(水曜日)の2日間に渡り、保健医療学部理学療法学科の鈴木伸治教授が、タイ障害児財団、タイ国立障害児センター、シーサーワン特別支援学校を訪問し、誰もが簡単にできる車いすダンスの講習会を行いました。参加した子どもたちは、家族と一緒に楽しみながらダンスをしました。
また、参加者を対象に日ごろの身体活動の実態などをタイ語に翻訳したアンケートを用いながら、聞き取り調査や家庭訪問を行い、現地調査を実施しました。