グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員広場

ホーム  > 教員広場  > ボッチャで初のジャパンパラ競技大会に帯同/櫻井博紀准教授

ボッチャで初のジャパンパラ競技大会に帯同/櫻井博紀准教授

11月18日(土曜日)、19日(日曜日)に、東京都の武蔵野総合体育館で「2017ジャパンパラボッチャ競技大会」が開催され、本学保健医療学部理学療法学科の櫻井博紀准教授が日本代表チームに帯同しました。
ジャパンパラ競技大会とは、日本障がい者スポーツ協会と競技団体が共催して開催する、日本国内最高峰のパラスポーツ競技大会です。ボッチャは、リオパラリンピックで銀メダルを獲得などの実績から、今年度、新規で採用され、本大会がジャパンパラ競技大会として初めての開催となりました。
大会は、世界最強と言われるタイと世界ランキング9位のイギリス、そして日本が参加して競技が行われ、日本は各クラスで準優勝となりました。