グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員広場

ホーム  > 教員広場  > 「からだサイエンス」に執筆記事が掲載されました/上村英記講師

「からだサイエンス」に執筆記事が掲載されました/上村英記講師

本学健康プロデュース学部健康柔道整復学科の上村英記講師が刊行誌「からだサイエンス」(2017年 第136号)に執筆記事が掲載されました。「発育期におこる注意したい腰部痛」と題し、発育期の腰椎分離症におけるMRI・CT
を用いた早期診断法と特徴的な理学所見について解説しました。
柔道整復師は医師と連携(医接連携)し、疾患の早期診断・早期治療に努める必要があります。掲載記事は福岡スポーツクリニック 診療部長 堀口忠弘氏との共同執筆となります。