グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員広場

ホーム  > 教員広場  > 「ソフトボールマガジン」2017年8月号に連載記事が掲載されました/大矢隆二准教授

「ソフトボールマガジン」2017年8月号に連載記事が掲載されました/大矢隆二准教授

スポーツ指導者、ソフトボールの愛好家を対象とした専門誌「ソフトボール・マガジン」2017年8月号に、 本学教育学部の大矢隆二准教授の記事「ジュニア指導の手引:第11回 なぜ対話が必要なのか」が掲載されました。
対話は他者との価値観のすり合せをもとに意味を共有していく行為です。対話を通じて深く考える、自分の良さを認識する、学び合う意義を実感するといった資質・能力を伸ばすことがねらいとして挙げられます。対話を成立させるためには、指導者と子ども、そして集団の中に対話を支える、受け入れる雰囲気が共有されていることが必要としています。