グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員広場

ホーム  > 教員広場  > 中学校でスピードの科学についての講演を行いました/陸上競技部 里大輔監督

中学校でスピードの科学についての講演を行いました/陸上競技部 里大輔監督

本学陸上競技部の里大輔監督(健康プロデュース学部心身マネジメント学科 助手)が6月6日(月曜日)、浜松市立天竜中学校にて生き方講座の講師として全校生徒に講演を行いました。
スピードの科学、どうして人は疾走することができるのか、また、世界で戦う選手たちがどのようなことを行っているのか、その世界を実際に生徒たちに体感してもらい、日々の生活の中にある動作の中に、自分と世界が繋がっていることを体験してもらいました。

その他、下記の活動も行いました。
2016年6月5日(日曜日)岩手県釜石市で活動するプロラグビーチームの釜石シーウェーブスラグビークラブにて、スピードトレーニングについての講師として、講演と講習を行いました。
震災から4年目、市民が熱く応援するこのクラブに少しでも協力し、釜石を盛り上げようと、依頼を受け、チームスタッフ、地域の方々と充実した時間を過ごしました。
2016年6月7日(火曜日)からラグビーU20ワールドカップに参加しました。
世界トップ10のチームが参加するワールドカップへ日本代表コーチとして参加。
これにより同時期に日本のフル代表以下、すべてのカテゴリーの代表コーチとなりました。
2016年6月16日(木曜日)イギリスのマンチェスター市内の中学生にランニングスキルの講習を行いました。
イングランド協会からの依頼により、マンチェスター市内の中学生に対してすべての競技に通じるランニングスキルの講習を行いました。
世界トップレベルのジュニア選手たちがシニアでも活躍できるよう、段階的な指導を行いました。