グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員広場

ホーム  > 教員広場  > 査読付国際学会 ACSM 2016で研究発表を行いました/林田はるみ准教授・吉田早織講師

査読付国際学会 ACSM 2016で研究発表を行いました/林田はるみ准教授・吉田早織講師

5月31日(火曜日)〜4日(金曜日)にHynes Convention Center, Boston, Massachusettsで開催された査読付国際学会 ACSM's 63rd Annual Meeting, 7th World Congress on Exercise is Medicine® and World Congress on the Basic Science of Energy Balance (ACSM 2016) において、健康プロデュース学部心身マネジメント学科の林田はるみ准教授と吉田早織講師が研究成果を発表しました。ポスター発表では活発な意見交換をかわしました。

林田はるみ 准教授 
「Effects of the Menstrual Cycle and Aerobic Exercise on Salivary Secretory Immunoglobulin A」

吉田早織 講師
「The Effect of the Different Type of Exercise in the Pupillary Size and Response」