グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学生ブログ

ホーム  > 学生ブログ  > 外国語学部の川嶋奈々さんが世界遺産検定 1級に認定されました

外国語学部の川嶋奈々さんが世界遺産検定 1級に認定されました

外国語学部グローバルコミュニケーション学科の川嶋奈々さんが、世界遺産検定1級に認定されました。
世界遺産検定とは人類共通の財産・宝物である世界遺産についての知識・理解を深め、学んだ内容を社会へ還元することを目指した検定です。


川嶋さんは、10歳の頃から世界の遺跡・建築デザインあるいは文化、更に超古代の生物に興味関心を持ち、そのような本を読んでいる時に世界遺産に出会いました。
中学生の頃には、修学旅行にて、特に『法隆寺地域の仏教 建造物群』のすばらしい設計・デザイン・装飾に感嘆し、高校生の頃には、世界の様々な文化・歴史を客観的・数値的に理解すべく、地理の授業を1日に2クラスもとるほど熱心に勉強していました。
そして、大学1年生の時に世界遺産検定という検定があることを知り、2級を取得、2年次には1級を取得しました。
現在は、12月の第22回世界遺産検定において、マイスターを取得できるよう勉学に勤めています。