グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



理科準備室ブログ

ホーム  > 理科準備室ブログ  > 天体観測

天体観測


数日前に、日没直後に明るい星を2つ見つけました。
宵の明星・金星と、もう一つはなんだろうと
調べてみると木星でした。

後日、その話を昨年一緒に星の観察を行った先生に
話して今日は見れるかと西の空を拝んだのですが
見れませんでした。

昨日、5/24(金)の午後
かなり晴れて気持ちのいい青空が広がっていたので
少し学生に宣伝をして、夕方屋上に観察に出てみました。


すると、天頂は晴れているのに西の空にはどんよりした雲が!
日没前なのに、もう既に太陽は雲の中でありません。

晴れている部分もあるので、雲が流れてくれることを願いながらしばらく観察。
反対側を見ると、うす雲の中に月を発見!
西の空を時々見ながら、とりあえず今見える月をしばらく眺めます。

雲の中に、うっすら赤い月が。

だんだん月が明るくなってきました

暗くなり、月が明るくなっていく中
何度見ても、西の空は全く雲がとれず。

結局、木星・金星・水星は見れませんでした。
途中月も雲に隠れたりしながら待っていたのですが…

辺りが暗くなった頃、北の空には北斗七星が見えました。
月の周りにも明るい星が見えだしました。
土星が今は見えるはずなのですが
特に望遠鏡は用意していなかったのでその日は終了。

学生も何人か見にきたのですが、屋上での観察という
行動と月のみ楽しんでいった感じでした。

もうしばらく観察できるらしいのですが
来週頭の天気予報は曇り・・・
一応、夕方西の空を気にしていたいと思います。

そのうち、土星も輪の部分を望遠鏡で観察したいですね。