グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



理科準備室ブログ

ホーム  > 理科準備室ブログ  > 星見会2015

星見会2015

2グループに分かれていろいろ体験中


今年も、附属橘小学校のみなさんと星見会を行いました!
もう何年十何年ン十年?!続いている行事です。

前日は雨で、晴れてくれるのか心配でしたが
当日は晴れました!
日頃の行い?小学生のかな?(笑)



始まりは17時前。
まだ外は明るいです。
部屋の中で劇を観たり、工作したり
実験したりして暗くなるのを待ちます。
今年の劇は、小惑星探査機はやぶさの物語でした。
練習でやってみてよくないと、
脚本を一から書き直したりして
頑張っていた力作です。
子ども達にも先生方にも大好評でした!

ちなみに、写真ははやぶさ役と小惑星イトカワ役です。


実験1では、実際に月の満ち欠けを月に見立てたボールと
太陽に見立てたスポットライトで体験しました。

始めに月の満ち欠けをスライドで確認して
そのあと実際に体験です。

どんなふうに見えるのかな?と心配しましたが、
想像以上にきれいに見えていました。


三日月?くらい

半月くらい

ものすごくピンぼけしていますが、満月


実験2では、望遠鏡の仕組み・見え方について。
説明では難しい部分もありましたが、
百聞は一見に如かず!
ということで、実際に自分でレンズを組み合わせて体験してみます。
凹レンズ、凸レンズを使っていくつかの組み合わせを覗いてみます。
実際にあるものと、見える像が逆さまになることを自分で体験します。
学校の勉強だと、なかなか実際に自分で体験するのも難しいので
たのしかったのではないでしょうか?



工作では、簡易の(ピンポイントの)プラネタリウム?
簡単ですが、意外と綺麗に星を映せていました。
光源との位置関係がうまくいくととても綺麗にうつります。


いろいろまわって体験しているうちに
外が暗くなりました。
みんなでハンドボールコートのある屋上へ!
最後に実際の空を観察です。

月を望遠鏡でのぞいてクレーターを見たり
木星を望遠鏡でのぞいてみたりしました。
ただ、残念なことに薄い雲がかかってしまい
木星の模様等があまりはっきりみえませんでした。
月のクレーターは綺麗に見ることができました。
無事、すべての予定を終えて星見会もお開き。

少しでも子ども達の中に残って、これからも星空を楽しんでくれるといいですね。
今、はやぶさ2も宇宙にいるようですし
話題にのぼるたびに思い出してくれるかな?

企画した学生のみなさんも、お疲れさまでした!