グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



理科準備室ブログ



気付けば10月になりました。

先月半ばには、いつも通りヒガンバナが一斉に咲き出し
今はもう花は終わりです。
花が終わったら、そのうち青々した葉が生えてきます。
ヒガンバナが青々としてくると、間もなく冬が!

最近は朝・夕と肌寒くなってきています。


花壇にある柿の木では
ヒガンバナが咲き出したころに、青々としていた柿の実が
もう色づいています。
この柿の木を種から育てて・・・何年目かわかりませんが
「初めての実」×2 です!
柿の実はどのタイミングで収穫すればいいのでしょうか?
もうかなりいい色になっています。

9月18日の柿の実

今日、10月1日の柿の実


万葉植物園の栗の木の周辺には
栗の毬(イガ)が落ちていました。
実はあるかな?と周辺を見てみるとチラホラ綺麗な実が
よく草むらの中を見ていると、毬入りの実も!
うれしくなって、嬉々として収穫してきました(笑)

せっかくだから、どこかに飾るか?!
しかし、毬がいたいので下手な所にはおけません。


常大のススキは穂が出始めていますが、まだ穂が開いていません。
ススキの穂がふさふさになったら、かなり秋も終わりですかね。



…冬が来る前に、メダカの鉢を洗わなくては!(笑)