グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



理科準備室ブログ

ホーム  > 理科準備室ブログ  > 柿の木

柿の木

数年前、種子の発芽の延長で
柿の種を発芽させて、花壇や万葉植物園で
数本育てていました。

時には、ミノムシの姿に喜びほったらかしにしたら
大量の子ミノムシがついていて丸坊主にされ、

ある時には、カラフルなトゲトゲの毛虫を
これはなんだろう?と写真に撮っといたら
後からイラガという触るとダメな毛虫とわかり
慌てて探して、繭になっているのを退治したり

またある時には(去年の今頃ですが)
大粒の雹が降り、葉っぱがズタボロにされたりと
思い返せば、いろいろありました。

そんな中「桃栗三年、柿八年」というくらいですから
柿はいったい、いつのなったら花がつくのだろうと
毎年花が咲くのを楽しみにしていました。


そして今年、初めて柿の木に花が咲きました!
一番栄養状態の良い、花壇の1本だけですが
花を発見!
いくつかありました。
咲き終わりの花、今まさに咲いている花、
咲き始めやつぼみなど。

少し前に覗き込んだ時には全然気付かなかったのですが、
いつのまにか、花を咲かせていました。

柿は初めてなので、どうすればいいのかわからないので
後ほど少し調べてみようと思います。
イメージでは、ほったらかしても実になるような気がしますが。

また一つ、外に出る楽しみが出来ました。

最初に見つけた花。覗き込んだ中に発見!ちょっと目を疑いました(笑)