グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



理科準備室ブログ

ホーム  > 理科準備室ブログ  > モンシロチョウ

モンシロチョウ

以前、貰ったモンシロチョウの卵が蛹になりました!
ゴールデンウィーク前半あたりで半分、
後半で残り半分が蛹になりました。

始めの方で蛹になったものは、
もう蛹の中で目や羽が出来てきています。
また、ゴールデンウィーク中はあまり世話ができないので
キャベツの葉をたくさん入れたのですが、
最後に入れた葉はあまり食べられずに
かわりに葉の上に蛹を作ったのがたくさんいました。


目や羽が出来てきてる蛹

キャベツの葉の上に蛹

以前貰ってきた卵はまだ蛹なのですが、
一足先に外にモンシロチョウがやってきたようです。
(春一番に来なかったのでどちらかというと「やっと」笑)

GW明けにキャベツの葉を見てみると、卵が付いていました!
月曜日に早速、授業用に採取して提示。
また次に蝶になって産卵して欲しいので
このまま室内で飼育します。
(外だと寄生されたり、蜂のエサにされたりで生存率が悪い)

ただ、時間が合わないらしく
実際に飛んできているチョウはまだみてません・・・

卵を拡大!

大量に付いた卵

モンシロチョウのかわりに、カラスアゲハ?やタテハチョウを見かけました。
タテハチョウは、以前蛹をみつけて羽化させたことがあります。
茶色やオレンジの羽は、ぱっと見鮮やかではないのですが
羽化したときにじっくり見てからよく目に入るようになりました。
写真は取り損ねました。

カラスアゲハ?(名前に自信がありません。)は
外の植物に水やりをした時に出来た水たまりに、水を飲みにきてました。
アゲハは大きくて存在感があるのですぐわかります。

他にもシジミチョウやアオスジアゲハなども見かけます。

それらのチョウの幼虫をエサにしに、蜂も結構見かけます。
アシナガバチやスズメバチも来ます。
(今朝、とても大きな蜂を見ました。きっとスズメバチ)

暖かい(暑い)季節の外仕事は、日差しがきついですが(笑)いろいろなものが見れて楽しいです。

よく見ると、真ん中で給水中

通り過ぎるカラスアゲハ(?)