グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



研究推進

ホーム  > 研究推進  > 研究支援・推進体制  > 授業改善等研究

授業改善等研究

本学では、2013年度に授業改善取組方針を作成し、教育の質保証を目指した授業改善に取り組んでおります。この一環として、具体的な教育方法や手法の開発等、研究する教職員に対する支援制度を創設し、大学の教育へ反映していきます。

◆研究対象
  • 本学の教育方法又は授業の成績評価方法等に関する研究
  • 障害(発達障害含む)を持つ学生に対する授業方法又は学生生活の支援に関する研究
  • その他学長が特に認める研究

平成29年度 採択研究一覧

NO研究テーマ採択額
(千円)
研究代表者
1学修履歴を活用した学生の資質・能力を育成する授業改善に関する研究300教育学部
早川 健 准教授
2学生が精神障害者の地域生活を指向した支援を学ぶための教材開発
~精神看護学実習ガイドブックの作成~
130健康科学部
岡本 典子 講師
3浜松キャンパスにおける障がい学生のための支援体制の構築
(浜松キャンパス 学生支援センターの準備に向けて)
250保健医療学部
遠藤 浩之 講師
4反転授業の実技科目(体育)および講義科目(運動学)への効果と発展・応用可能性442健康プロデュース学部
村本 名史 講師
5一斉授業と自主学習を支援する学習システムの一体化
-デジタル教科書・デジタル教材・eポートフォリオ・教材ダウンロード-
350経営学部
有富 智世 教授
合計採択 5件(1,472千円)

平成28年度 採択研究一覧

NO研究テーマ採択額
(千円)
研究代表者
1静岡キャンパス瀬名校舎における
教職実践演習カリキュラムの効果検証研究
391教育学部
吉田 哲也 准教授 他19名
2常葉大学と松崎町の包括連携協定締結に関する推進事業290造形学部
ポンワルット チラユ 講師 他2名
3学生の看護実践能力の育成を支援する
主体的学習用視聴覚教材の有効性に関する研究
400健康科学部
駒井 裕子 講師 他1名
4浜松キャンパスにおける障がい学生のための支援体制の構築
(発達障害もしくは発達障害の疑われる学生に対する効果的な
 学習環境作り)
200保健医療学部
遠藤 浩之 講師 他7名
合計採択 4件(1,281千円)

平成27年度 採択研究一覧

NO研究テーマ採択額
(千円)
研究代表者
1
静岡キャンパスにおける障がい学生のための支援体制の構築430教育学部
百瀬 容美子 准教授 他5名
2学生の看護実践能力の育成を支援する主体的学習用視聴覚教材の作成に関する研究430健康科学部
駒井 裕子 講師 他3名
3
発達障害もしくは発達障害の疑われる学生に対する効果的な学習環境支援(臨床実習・就職につなげるために)280保健医療学部
遠藤 浩之 講師 他3名
合計採択 3件(1,140千円)

※なお、No.1およびNo.3については研究交流・意見交換を実施し、全学に繋がる取組みとする