グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



研究推進

ホーム  > 研究推進  > 研究支援・推進体制  > 共同研究

共同研究

10学部19学科の教育分野を持つ強みとして、本学の教職員がさまざまな側面から共同で行う研究に対して支援をしていきます。総合大学ならではの、学部を越えた学術的・総合的な研究により、大学の教育へと反映していきます。

平成29年度 採択研究一覧

NO研究テーマ研究期間当該年度
採択額
(千円)
研究代表者
1外国語学部グローバル・コミュニケーション学科の教学内容の向上のための比較地域研究2015~
2017
330外国語学部
戸田裕司 教授
2発達性トラウマを抱える子どもを養育する社会的養護関連施設への支援プログラムパッケージの開発2015~
2017
350教育学部
平岡篤武 教授
3多文化共生推進地域における外国人児童生徒の教育及び生活課題の質的分析2015~
2017
407教職大学院
星野洋美 教授
4現職英語科教員の意識調査2016~
2017
858外国語学部
佐野富士子 教授
5AL(アクティブ・ラーニング)のローカライズに向けた「社会人基礎力」尺度の開発と検討2016~
2017
601外国語学部
増井実子 教授
6常葉ブランドの英語教育構築に向けて:初年次全学共通教養科目「英語コミュニケーション」テキスト研究2016~
2018
429外国語学部
谷口茂謙 教授
7視覚障害児・者の運動学習促進に寄与する動作イメージ尺度の作成-信頼性と妥当性の検討-2017272教育学部
百瀬容美子 准教授
8Assessing the formation of a gaming and multiliteracies community of practice in a university foreign language self-access center2017832外国語学部
ハーディケンピーター 講師
9小学校教員を対象としたプログラミング教育支援プログラム構築のための基礎的検討2017500外国語学部
阪東哲也 講師
10『日華文化交流史』とその時代:木宮泰彦の研究成果を常葉大学の授業で活用する試み2017~
2019
360外国語学部
若松大祐 講師
11出産からつながる産後早期家庭訪問に関する研究2016~
2017
301健康科学部
濱松加寸子 教授
12膝前面痛を有するスポーツ選手に対する機能検査および運動指導法開発のための基礎研究2016~
2017
232健康科学部
金承革 教授
13"地域高齢者の骨格筋量・身体機能・心身機能と認知機能との横断的・縦断的関連性について
-3次予防対象者に着目して-"
2016~
2018
500健康科学部
川田教平 講師
14小児てんかん病棟に入院する患児の患児理解の過程と教育方法の検討2017~
2018
558健康科学部
長尾嘉子 教授
15心房細動患者におけるアブレーションによる肺静脈隔離術後のリハビリテーションに関する研究2017340健康科学部
加藤倫卓 講師
16"成長期アスリートにおけるスポーツ障害に関する姿勢・動作特性に関する評価方法の開発
―女子サッカー選手―"
2017~
2019
126健康科学部
栗田泰成 講師
17神経可塑性と代謝活動に基づいた実験的脳梗塞動物における運動処方の検討
2016~
2017
900保健医療学部
熊田竜郎 教授
18スポーツおよび基本動作における関節内部への力学的負荷の算出201730健康プロデュース学部
村本名史 講師
19体幹および股関節の複合トレーニングを用いた陸上競技短距離選手の走動作の変化2017~
2018
675健康プロデュース学部
大川昌宏 講師
20地域の生活の維持・継続に向けた地域づくり~「小地域活動」に焦点を当てて2016~
2017
550社会環境学部
石川雅典 教授
21製紙工場排水由来のビスフェノール類による汚染調査と影響評価に関する研究
2016~
2017
690 社会環境学部
山田建太 講師
合計採択 21件(9,841千円)

平成28年度 採択研究一覧

NO研究テーマ研究期間当該年度
採択額
(千円)
研究代表者
1アジアの学校・教育の未来を拓く高度な指導力を備えた教員の養成に関する研究2014年~
2016年
470教職大学院
安藤 雅之 教授 他4名
2特別支援を要する児童・生徒の放課後支援プログラムの開発-学童保育における合理的配慮の提供を目指して-2014年~
2016年
500教育学部
後藤 隆章 准教授 他3名
3本学における学生生活トラブルに関する実態調査及びトラブル防止策の検討~さらなる学生支援体制の充実のために~2014年~
2016年
270教育学部 
太田 正義 講師 他4名
4大学3年間の継続的自律学習支援ツールの開発と環境整備2014年~
2016年
520外国語学部
良知 恵美子 教授 他4名
5発達性トラウマを抱える子どもを養育する社会的養護関連施設への支援プログラムパッケージの開発2015年~
2017年
330教育学部
平岡 篤武 准教授 他4名
6外国語学部グローバル・コミュニケーション学科の教学内容の向上のための比較地域研究2015年~
2017年
430外国語学部
戸田 裕司 教授 他5名
7多文化共生推進地域における外国人児童生徒の教育及び生活課題の質的分析2015年~
2017年
280教職大学院
星野 洋美 教授 他4名
8教職課程の質保証・質向上のためのED(Educational Development)プログラム開発に向けた調査研究2016年500教育学部
吉田 広毅 教授 他11名
9「チーム学校」の推進に関わる「教職の多忙化」の改善に資する基盤的実証的研究2016年1,000教職大学院
安藤 雅之 教授 他11名
10静岡県におけるコミュニティ・スクールの導入・普及に係る成果と課題2016年440教育学部
堀井 啓幸 教授 他2名
11常葉ブランドの英語教育構築に向けて:初年次全学共通教養科目「英語コミュニケーション」テキスト研究2016年~
2018年
650外国語学部
谷口 茂謙 教授 他6名
12AL(アクティブ・ラーニング)のローカライズに向けた「社会人基礎力」尺度の開発と検討2016年~
2017年
450外国語学部
増井 実子 教授 他5名
13現職英語科教員の意識調査2016年~
2017年
805外国語学部
佐野 富士子 教授 他4名
14幼稚園・保育所における安全対策と教育支援プログラムの検討2015年~
2017年
587健康科学部
石舘 美弥子 准教授 他3名
15出産からつながる産後早期家庭訪問に関する研究2016年~
2017年
420健康科学部
濱松 加寸子 教授 他3名
16膝前面痛を有するスポーツ選手に対する機能検査および運動指導法開発のための基礎研究2016年~
2017年
278健康科学部
金 承革 教授 他3名
17地域高齢者の骨格筋量・身体機能・心身機能と認知機能との横断的・縦断的関連性について
-3次予防対象者に着目して- 
2016年~
2018年
800健康科学部
川田 教平 講師 他3名
18鍼灸教育学におけるコアカリキュラム構築のための基礎的知見の収集2015年~
2016年
550健康プロデュース学部
中澤 寛元 教授 他3名
19防災・減災と地域リハビリテーション(障害者支援・リハビリの視点からみた地域支援と学生教育)2014年~
2016年
200保健医療学部
遠藤 浩之 講師 他5名
20女性のスポーツ活動による健康障害・安全性評価に関する研究-月経周期異常と酸化ストレス度に着目して-2016年1,700健康プロデュース学部
林田 はるみ 准教授 他2名
21神経可塑性と代謝活動に基づいた実験的脳梗塞動物における運動処方の検討2016年~
2017年
1,000保健医療学部
熊田 竜郎 教授 他7名
22日米企業の経営戦略・管理の現状と地域貢献2015年~
2016年
1,000経営学部
畑 隆 教授 他2名
23日米東南アジア諸国のビジネス文化に関する比較研究 -地元中小企業グローバル化のためのビジネスマン向け基礎テキストの開発-2014年~
2016年
540経営学部
安達 明久 教授 他2名
24静岡県東部地域における観光インバウンド顧客増強プロジェクト2014年~
2016年
180経営学部
大久保 あかね 教授 他2名
25製紙工場排水由来のビスフェノール類による汚染調査と影響評価に関する研究2016年~
2017年
900社会環境学部
山田 建太 助教 他3名
26地域生活の維持・継続に向けた地域づくり~「小地域活動」に焦点を当てて2016年~
2017年
660保育学部
石川 雅典 教授 他2名
合計採択 26件(15,460千円)

平成27年度 採択研究一覧表

NO研究テーマ名研究期間当該年度
採択額
(千円)
研究代表者
1アジアの学校・教育の未来を拓く高度な指導力を備えた教員の養成に関する研究2014年~
2016年
413教職大学院
安藤 雅之 教授 他4名
2特別支援を要する児童・生徒の放課後支援プログラムの開発-学童保育における合理的配慮の提供を目指して-2014年~
2016年
540教育学部
後藤 隆章 准教授 他3名
3アクティブラーニングを軸とした教育方法・教育環境の具体的改善・整備に関する基盤研究2014年~
2015年
610外国語学部
増井 実子 教授 他5名
4本学における学生生活トラブルに関する実態調査及びトラブル防止策の検討~さらなる学生支援体制の充実のために~2014年~
2016年
300教育学部
太田 正義 講師 他4名
5造形学部収蔵品の基礎調査およびデジタルアーカイブ化と、それらを利用した大学教育の実践的アプローチの研究2014年~
2015年
700造形学部
蜂谷 充志 准教授 他8名
6大学3年間の継続的自律学習支援ツールの開発と環境整備2014年~
2016年
740外国語学部
良知 恵美子 教授 他4名
7発達性トラウマを抱える子どもを養育する社会的養護関連施設への支援プログラムパッケージの開発2015年~
2017年
440教育学部
平岡 篤武 准教授 他4名
8静岡県におけるコミュニティ・スクールの導入・普及に係る成果と課題2015年370教育学部
堀井 啓幸 教授 他2名
9外国語学部グローバル・コミュニケーション学科の教学内容の向上のための比較地域研究2015年~
2017年
450外国語学部
戸田 裕司 教授 他5名
10多文化共生推進地域における外国人児童生徒の教育及び生活課題の質的分析2015年~
2017年
400教育学部
星野 洋美 教授 他5名
11小学校教育課程の改定にともなう教員養成課程の在り方に関する基礎研究2015年450教育学部
濱川 栄 准教授 他6名
12風評被害の損害賠償についての多角的分析-民法、独占禁止法、金融商品取引法からのアプローチ-2014年~
2015年
700法学部
伊藤 隆史 准教授 他2名
13中高年化したニートを抱える親に関する研究―高齢者ケアに携わる専門職への実態調査から―2014年~
2015年
145健康科学部
福岡 裕美子 教授 他2名
14慢性腎臓病(CKD)の予防への取り組み―静岡市民の健康に対する意識の実態調査―2014年~
2016年
700健康科学部
原田 千代子 教授 他3名
15リンパ浮腫に対するリンパドレナージ療法の効果2014年~
2016年
887健康科学部
安藤 郁子 准教授 他4名
16中学・高校生に対するメンタルヘルスリテラシー教育プログラムの開発2013年~
2015年
504健康科学部
石村 佳代子 准教授 他3名
17大学とコミュニティの協働による高齢者の孤立防止の検討2015年~
2016年
300健康科学部
杉井 たつ子 准教授 他2名
18幼稚園・保育所における安全対策と教育支援プログラムの検討2015年~
2017年
450健康科学部
石舘 美弥子 准教授 他3名
19心筋梗塞患者に対するストレッチング体操が酸化ストレスに及ぼす影響2014年~
2016年
730健康科学部
加藤 倫卓 講師 他3名
20
成長期トップアスリートにおけるスポーツ障害予防―中学校・高等学校女子サッカー選手の縦断的研究―2015年~
2017年
1,124健康科学部
栗田 泰成 助教 他3名
21鍼灸学教育におけるコアカリキュラム構築のための基礎的知見の収集2015年~
2016年
540健康プロデュース学部
中澤 寛元 准教授 他3名
22実験的脳梗塞動物モデルにおける神経機能再建に対する運動負荷と乳酸の役割2014年~
2015年
970保健医療学部
熊田 竜郎 教授 他7名
23防災・減災と地域リハビリテーション(障害者支援・リハビリの視点からみた地域支援と学生教育)2014年~
2016年
180保健医療学部
遠藤 浩之 講師 他5名
24日米企業の経営戦略・管理の現状と地域貢献2015年~
2016年
800経営学部
畑 隆 教授 他2名
25日米東南アジア諸国のビジネス文化に関する比較研究―地元中小企業グローバル化のためのビジネスマン向け基礎テキストの開発-2014年~
2016年
1,060経営学部
安達 明久 教授 他2名
26日本の大学生の情報倫理に関する意識調査2015年200経営学部
文 載皓 准教授 他2名
27静岡県東部地域における観光インバウンド顧客増強プロジェクト2014年~
2016年
340経営学部
大久保 あかね 教授 他2名
28
競技力向上および傷害予防・治療の観点によるバレーボール選手のスパイク動作分析2015年~
2016年
676経営学部
村本 名史 講師 他4名
29津波常襲地における防災面での教訓把握と被災が想定される静岡県民への伝承手法の確立2014年~
2015年
940社会環境学部
池田 浩敬 教授 他2名
30年賀状型ハザードマップを用いた親子で楽しむ防災教育手法の開発2014年~
2015年
710社会環境学部
田中 聡 教授 他3名
31新規水環境汚染物質の排水処理過程と環境中における挙動評価に関する研究2014年~
2015年
500社会環境学部
山田 建太 助教 他3名
32地域再生・地域創生の中での地域福祉のあり方2015年600保育学部
稲葉 光彦 教授 他2名
合計採択 32件(18,469千円)

※No.20およびNo.28は共同採択となっており、研究費の執行に当たっては連携を図って実施している