グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学長室ブログ

ホーム  > 学長室ブログ  > 教養ワーキンググループ、始動!

教養ワーキンググループ、始動!

みなさんこんにちは。
静岡は少しづつ寒さが和らいできました。
今年度もあと残り1ヵ月を切りました。春ももうすぐそこ!☆

今日は、カリキュラム改善プロジェクトの一環、
教養教育のワーキンググループ(WG)について紹介していきます♪


教養教育とは?

「個人が社会とかかわり,経験を積み,体系的な知識や知恵を獲得する過程で身に付ける,ものの見方,考え方,価値観の総体」とされています。 (2002年,中央教育審議会答申より抜粋)

ただ、この教養は時代の流れとともに変わっていくべきもので、「知識基盤社会」と呼ばれる21世紀において求められる力とは何か、検討が必要です。そのため、教養教育も、学部・学科の専門教育と並行して改善を行うこととなりました。

外国語WGのカリキュラムマップ

今年に入ってから、小田切教務部長の計らいにより、スキル系の教養教育を検討するWGが立ち上がりました。
1つは外国語学部の先生を中心とした「言語文化・外国語科目」のWG
もうひとつは「情報処理・ICT科目」のWG。

どちらも検討を進めてくださっているとのことですので、その様子を少しご紹介♪

「大学生として身に付けてもらいたい知識」として考えていくのですが、
重要なのは「常葉大学生」が対象ということ。

他大学と同じような科目を置けばよいのではなく、「常葉大学」として、学生にどのレベルまで求めるか、
どんなをつけて欲しいかという視点から設定することが必要です。
これから検討に検討を重ね、常葉大学ならではの教養教育システムが構築されることを期待します!
先生方、お疲れさまです(*^^)/

今後も、先生方の活動状況を紹介していきたいと思います★
R