グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 地域の方の健康と競技力アップをめざし、浜松市体育協会と連携協定締結式を開催

地域の方の健康と競技力アップをめざし、浜松市体育協会と連携協定締結式を開催

本学と公益財団法人浜松市体育協会は、双方がもつさまざまな資源を有効に活用し、スポーツや健康づくりを通じて、豊かな地域社会の形成と発展、そして人材育成のために連携することとなりました。そこで、7月27日(金曜日)に浜松アリーナにおいて、連携に関する協定の締結式を開催しました。 
これまでにもスポーツ指導者養成講座の講師や、学生の指導による陸上教室の開催、市民マラソンのランナーケア活動などの連携をしてきましたが、今回の協定締結を機に、組織的に活動を進めていきたいと思っています。

小学生陸上教室(舞阪総合体育館にて)

本学 江藤秀一学長は「浜松キャンパスには、健康やスポーツに関する学部がある。1つには大学の知見を活用し、浜松で若い世代のスポーツ選手をともに育てていきたい。2つには、医療費を抑えるためにも運動は注目されている。健康を支える分野でも役に立てることはたくさんある」と語りました。また、公財浜松市体育協会 岸田勝彦会長は「少子高齢化をはじめ社会環境が変化するなかで、体育協会に期待される役割が高まっており、より一層、浜松市民のニーズに対応していく必要がある。常葉大学との連携により、大学の知見・専門性・人材を大いに活用させていただきたい」と話しました。

ランナー対象ストレッチブース(四ツ池公園陸上競技場にて))

今後の事業展開としては、生活習慣病予防のための運動プログラムの開発、体育協会の施設を活用し、健康寿命を維持向上していくための教室を開催、科学的な分析に基づいた指導法の開発、オリンピック選手の発掘、その選手の指導・育成などが検討されています。
これからも連携し、地域市民のスポーツや健康づくりに貢献していきたいと思います。