グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > こどもたちの安全を守る防犯教室に協力しました/心身マネジメント学科

こどもたちの安全を守る防犯教室に協力しました/心身マネジメント学科

細江警察署管内防犯協会が幼稚園や小学校で開催している防犯教室に、健康プロデュース学部心身マネジメント学科木村佐枝子ゼミの学生がボランティアとして協力しています。この防犯教室は、本学と防犯ボランティア活動の連携協定を結んでいる細江警察署が行っている活動で、浜松市北区の幼稚園や小学校で実施されています。
今回、都田南小学校にて行われた防犯教室では、不審者対応について学生が実演しました。学生らは、不審者から逃げる役となり、不審者に出会った時の対処法を「いか・の・お・す・し」(「いか」ない、「の」らない、「お」おごえでさけぶ、「す」ぐにげる、「し」らせる)の合言葉で伝えました。参加した松浦巨弥さん(心身マネジメント学科4年)は「警察の方の教えを参考に、不審者に手をつかまれた時の振りほどき方や、背後から声をかけられたときの逃げ方などを児童たちと実践した。児童たちは積極的に学び、防犯に対する意識が高まったように感じた」と語りました。
学生たちは、このボランティアを通じて警察官や地域の子どもたちと交流し、地域社会の役割について学んでいます。