グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 常葉大学ビジネスチャレンジ 第6回高校生ビジネスプランコンテストを開催/経営学部

常葉大学ビジネスチャレンジ 第6回高校生ビジネスプランコンテストを開催/経営学部

第6回高校生ビジネスプランコンテストが2月3日(土曜日)、本学浜松キャンパスのトコハホールで開催されました。今年度は、北は青森県、西は香川県までの合計35チームのエントリーがあり、その中から書類審査を通過した8チームが、プレゼンテーションを行い競いました。
グランプリに輝いた青森県立名久井農業高等学校は、サクランボ農家とリンゴ農家の受粉作業を農業用ドローンで効率化を図るプランを発表しました。発表にあたり、実際にハンドスプレーと農業用ドローンで受粉作業をし、作業時間、結実率、果実の大きさを比較し、結果をまとめました。この地域の農業従事者は平均年齢60歳を超えており、若者の手による作業の省力化により、高齢農家の手助けになりたいという思いが伝わる発表でした。
準グランプリを獲得した静岡県立富岳館高等学校は、富士山に訪れた海外の観光客をターゲットに、地元である富士宮市で収穫される「富士山麓落花生」を広めていくプランを発表しました。
どの高校も、地域を元気にしたいと若者のアイデアあふれる発表となりました。
審査結果は下記の通りとなります。
高校名チーム名発表タイトル
グランプリ青森県立名久井農業
高等学校
2代目
TEAM PINE
農家の果実、実らせ隊‼
準グランプリ
(浜松信用金庫賞)
岐阜県立恵那農業
高等学校
HEBO倶楽部ENA program
~ヘボが町をいかす~
準グランプリ
(遠州信用金庫賞)
岐阜県立大垣養老
高等学校
食品科学科
湧く湧く班
伝説で商品づくり
準グランプリ
(磐田信用金庫賞)
静岡県立富岳館
高等学校
富岳特産物
研究班
商品開発で眠った宝を呼び起こせ
~富士宮を落花生でLet’s活性~