グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 日本赤十字社の依頼で紙芝居を制作しました/造形学部

日本赤十字社の依頼で紙芝居を制作しました/造形学部

造形学部デジタル表現デザインコースの3年生が1月16日(火曜日)、日本赤十字社県支部の依頼を受けて制作した紙芝居を同支部に引き渡しました。
赤十字の活動を知ってもらおうと作られたこの紙芝居は、赤十字創立者のアンリー・デュナンの生涯が描かれた作品で、学生は7月から制作を続けてきました。デュナンが戦争救護の礎を築き、第1回ノーベル平和賞を受賞したことなどが描かれ、制作した宮坂奈々さんは「親しみやすく印象に残るよう絵を工夫した」と感想を述べました。
選ばれた6名の作品は今後、県内全ての小・中・高等学校、特別支援学校(973校)へ配布される予定です。