グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 発達障がいのある児童の支援に関する実践報告を行いました/教育学部

発達障がいのある児童の支援に関する実践報告を行いました/教育学部

しずおか中部連携中枢都市圏・地域課題解決事業採択事業として、教育学部初等教育課程 姉崎弘研究室ゼミ主催の第1回スヌーズレン教育研究会が11月4日(土曜日)に静岡市内で開催され、姉崎ゼミ4年の酒井空さんが、発達障がいのある児童の支援についての実践報告を行いました。
「通常学校における発達障がい児へのスヌーズレンの授業の可能性」をテーマとしたこの研究会で、酒井さんは静岡市の特別支援教育センターと連携して行った発達障がいのある児童への支援活動を報告。部屋をうす暗くできる環境を用意し、児童が興味を持ちやすく、楽しく集中して取り組めるように、教材として今日注目されているブラックライトと蛍光教材を用いた、いわゆる「スヌーズレン」の授業実践に取り組んだ様子を報告しました。
また姉崎教授による基調講演も行われ、通常学校の発達障がい児等へのスヌーズレンの授業の可能性について解説されました。