グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 法学部公開講座が開催されました

法学部公開講座が開催されました

9月12日(火曜日)、19日(火曜日)、26 日(火曜日)の3回にわたり、静岡市北部生涯学習センターにおいて本学法学部の教員による公開講座を開催しました。
「現代社会を読み解くー租税法の視点から」(柴由花教授)、「現代社会を読み解くー経済の視点から」(三浦一輝准教授)、「現代社会を読み解くー政治の視点から」(安周永准教授)、というテーマで、少子高齢化、グローバル化によって変容しつつある社会現象について解説しました。
柴教授は、少子高齢化社会における空き家問題と税制、コンパクトシティのあり方について解説を行い、三浦准教授は、経済学的思考方法、統計的な思考についてわかりやすく解説しました。安准教授は、少子高齢化によって雇用と社会保障の転換が求められている今日に、果たすべき政治の役割と課題について解説しました。受講者の意識も高く、少子高齢化社会による社会の変化にどのように対応すべきかについて考えました。