グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 講演会「家族をめぐると法と税~結婚・離婚・相続」が開催されました/法学部 地域法政策研究・実践センター

講演会「家族をめぐると法と税~結婚・離婚・相続」が開催されました/法学部 地域法政策研究・実践センター

大阪弁護士会の髙須要子弁護士をお招きした講演会「家族をめぐる法と税〜結婚・離婚・相続」が1月18日(水曜日)、静岡キャンパス水落校舎で開催されました。
実務の観点から、家族の形態が近年、経済状況を反映して変化しており、子や親をめぐる扶養のあり方、財産に対する考え方が多様になっていることが示されました。学生からは、「結婚や離婚について慎重に考えなければならないと思った」、「家族と貧困の問題は密接だと感じた」、「家族に関する法律を知ることが重要」といった感想が聞かれました。