グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 浅間神社の大絵馬を制作をしました/造形学部

浅間神社の大絵馬を制作をしました/造形学部

本学造形学部アート表現コースの2年生8人が制作した、来年のえと「酉(とり)」の大絵馬(高さ約3メートル、幅約2.5メートル)が、静岡浅間神社に12月13日(火曜日)に飾られました。造形学部による恒例の制作で、今年で5年目になります。
太陽を背に、松の木の上で片足を上げたニワトリが堂々と胸を張るデザインで、羽には明るい色を多く使い、新しい1年を前向きに踏み出せるようにと願いを込めました。
絵馬は大拝殿前に設置し、神職がおはらいをして来年の無事を祈願しました。制作に携わった成沢美咲さんは「参拝者に、前向きな気持ちを感じ取ってもらえたらうれしい」と話しました。
静岡市葵区宮ケ崎町の静岡浅間神社にて1月中旬まで展示予定です。