グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 法学部 公開講座が開催されました

法学部 公開講座が開催されました

9月13日(火曜日)、27日(火曜日)、10月19日(水曜日)の3回にわたり、静岡市西奈生涯学習センターにおいて本学法学部の教員による公開講座を開催しました。
「高齢化社会における政治の役割」(安周永講師)、「離婚と法律」(梶村太市教授)、「生活のリスクと税」(柴由花准教授)というテーマで、日常生活で起こり得るさまざまな問題を、政治・政策・法律の観点から解説しました。安講師は、高齢化によって従来の社会システムが機能しなくなっている今日に、果たすべき政治の役割と課題について解説し、梶村教授は、少子高齢化社会と離婚、若年離婚や高齢者離婚の問題について家族法の観点からわかりやすく解説しました。柴准教授は、日本とノルウェーを比較しながら、少子高齢化社会における税制のあり方について解説を行いました。受講者の意識も高く、少子高齢化社会による社会の変化にどのように対応すべきかについて考えました。