グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 直虎商品開発で地域連携/経営学部

直虎商品開発で地域連携/経営学部

浜松キャンパス経営学部の学生で構成する地域貢献サークル「Cocoa」が奥浜名湖商工会議所と協力し、地域活性化を目指す「バリューアッププロジェクト」が9月5日(月曜日)にスタートしました。
このプロジェクトは2014年から始まったもので、今年で3期目となります。今期は地元の菓子製造販売店や飲食店など4企業と2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にちなんだ商品開発に取り組みます。事前にとったアンケートをもとに事業の現状や商品開発の展望について話し合いが行われ、直虎にかける期待や普段の学びを生かした学生の新しい意見が飛び交い、会議は初回から大いに盛り上がりを見せました。
今後、学生は各企業の担当ごとに分かれて実地調査やヒアリングを重ね、11月に新商品のプレゼンテーションを行います。