グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 静岡県の「大学生が創る未来への羅針盤事業」に採択されました/法学部 エリアデザイン研究会

静岡県の「大学生が創る未来への羅針盤事業」に採択されました/法学部 エリアデザイン研究会

本学法学部の学生でつくるエリアデザイン研究会は、静岡県の「大学生が創る未来への羅針盤事業」に応募し、採択を受けました。これは大学生などの若い世代が、就職・結婚・出産・子育てといった将来のライフデザインを考える機会づくりを、学生自らが企画するもので、採択を受けた事業については、県より支援を受けて企画を実施するという取り組みです。
9月3日(土曜日)には、学生たちは、社会福祉法人あゆみ福祉会・竜南保育園保護者会様のご協力を得て、「ワークとライフのワンストップ・カフェ」を開催。働く子育て世代のリアルな生活の姿に触れ、県内にて就職、結婚、子育てをしていくことの魅力や意義を探り、ライフデザインについて考えました。
10月15日(土曜日)には静岡キャンパス水落校舎にて第2回「ワークとライフのワンストップ・カフェ」を開催する予定です。さらに、今後は、他の地方自治体へのヒアリングやシンポジウム等を通じて政策提言を行い、静岡県におけるワークとライフの魅力について情報発信を行う予定です。