グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 真夏のこどもむらを開催しました/こども健康学科

真夏のこどもむらを開催しました/こども健康学科

真夏のこどもむらが7月23日(土曜日)、浜松キャンパスで開催されました。「こどもむら」は、学生と地域の親子の交流を深めるための子育て支援事業のひとつとして、こども健康学科の学生が毎年企画、運営しています。年4回、地域の親子を招き、浜松キャンパスの自然豊かな環境を活かした遊びを提供しています。
今回は「自然を使った水遊び」をテーマに、ブルーシートで作った広く大きなプールで思いっきり遊びました。水鉄砲やひまわり迷路、ザリガニ釣りや竹ぽっくりなどのブースも大好評で、たくさんの笑い声が学内に響いていました。天候にも恵まれ、約500名の親子が自然の中で真夏の1日を楽しみました。そして将来、保育者として活躍する学生たちにとっても、直接体験を大切にした手作りの保育実践の場としていい機会となりました。
次回は11月5日(土曜日)、6日(日曜日)に開催予定です。秋のこどもむらでお会いましょう。